PR

川島悠翔の年俸は?凄さと受賞歴、プロフィールまとめ

スポーツ

バスケ日本代表して選ばれた、川島悠翔選手に注目です。
気になる川島悠翔選手の年俸、年収、凄さ、受賞歴からプロフィールをまとめみました。

川島悠翔の年俸、年収はいくら?

川島悠翔選手の所属するNBAグローバルアカデミーは、NBAの育成組織として、世界中から選ばれた有望なバスケットボール選手を集めてトレーニングや教育を行っている機関。

しかし、この組織NBAグローバルアカデミーの年俸に関する情報は公開されていません。

NBAグローバルアカデミーのメンバーは、現地の高校に通いながら、NBAから派遣されたコーチや専門家の指導を受けていますが、その費用はNBAが負担していると考えられます。

したがって、NBAグローバルアカデミーのメンバーは、年俸というよりは奨学金のような形で支援を受けていると言えます。そのため、川島悠翔選手の年俸は分かりませんでした。

NBA入りすると年俸はいくら?

NBAグローバルアカデミーからNBA入りする場合の年俸は、NBAのルールによって決まります。
NBAには、ドラフト制度があり、毎年6月に開催されます。

ドラフトとは、NBAの30チームが、世界中の若手選手の中から順番に選手を指名することで、その選手の獲得権を得るというもの。

ドラフトには、2ラウンドあり、各チームは1ラウンド目と2ラウンド目にそれぞれ1人ずつ選手を指名でき、ドラフトに参加するには、以下の条件を満たす必要があります。

  • アメリカ国籍を持つ選手は、高校卒業後1年以上経過していること
  • アメリカ国籍を持たない選手は、1999年12月31日以前に生まれていること

NBAグローバルアカデミーのメンバーは、アメリカ国籍を持たない選手なので、後者の条件に当てはまれば、ドラフトに参加できます。

川島悠翔選手は、2005年5月27日生まれなので、今年、2024年のドラフトから参加できることになります。ドラフトで指名された選手は、指名したチームと契約を結び、契約の内容は、ドラフトの順位によって決まります。

1ラウンド目の選手は、最低でも2年間、最大で4年間の契約を結びます。
契約金は、NBAが定めたスケールに従って決まっており、例えば、2023年のドラフトで1位指名された選手は、初年度に約1億1000万円、2年目に約1億2000万円、3年目に約1億3000万円、4年目に約1億5000万円の契約金を受け取ります。

2ラウンド目の選手は、契約金や契約期間に制限はありませんが、一般的には低額で短期間の契約となります。

もし、ドラフトで指名されなかった場合は、どのチームとも契約できる自由契約選手となり、自由契約選手は、チームと交渉して契約を結ぶことができますが、その場合の契約金は、NBAが定めた最低年俸になることも。

最低年俸は、選手の経験年数によって異なりますが、2023-2024シーズンでは、初年度の選手は約6000万円、2年目の選手は約7000万円、3年目の選手は約8000万円となっています。

日本のトップ選手と年俸を比較!

日本のトップ選手と比較した場合の年俸は、NBAの年俸とは大きく異なります。

日本のプロバスケットボールリーグであるB.LEAGUEでは、2020-2021シーズンの平均年俸は約2000万円です。

最高年俸の選手は、川島永嗣(琉球ゴールデンキングス)で、約1億1000万円と言われています。
また、日本代表の主力選手である八村塁選手は、2020-2021シーズンにNBAのロサンゼルス・レイカーズから約4億5000万円の契約金を受け取りました。

渡邊雄太選手は、同シーズンにNBAのブルックリン・ネッツから約1億5000万円の契約金を受け取ったようです。やはりNBAには夢がありますよね!

川島悠翔のプロフィール

富永啓生 名言

川島悠翔(かわしまゆうと)は、2005年5月27日生まれの18歳、群馬県出身です。
身長は200cm、体重は93kgで、ポジションはパワーフォワード。現在はオーストラリアのNBAグローバルアカデミーに所属しNBAを目指しています。

川島悠翔のプレースタイルは?

川島悠翔選手、アウトサイドのシュート力、跳躍力、クイックスネス、ボールハンドリングなど様々な能力に秀でた大型オールラウンドプレイヤー。

そのポテンシャルの高さは中学時代から広く注目され、福岡大学附属大濠高校時代に披露した万能ぶりは、同じ2メートル超の八村塁(ロサンゼルス・レイカーズ)や渡邊雄太(ブルックリン・ネッツ)が高校生だった頃以上のものだと感じた人も多いとの評価です。

川島悠翔の戦績・受賞歴!

川島悠翔選手は、国内外の様々な大会で活躍し、多くの受賞歴があります。
中学時代にはジュニアウインターカップで準優勝。その際は見事大会のベストファイブに選出。

高校時代にはウインターカップで優勝し、再びベストファイブに選出されました。
また、川島悠翔選手はU16日本代表としてFIBA U16アジア選手権で準優勝し、大会得点王とMVPを同時受賞の快挙を達成。

バスケU17日本代表としてFIBA U17ワールドカップに出場し、大会得点ランキングでも見事に2位に!さらにバスケU18日本代表としてFIBA U18アジア選手権で準優勝し、オールスターファイブに選出。

バスケU19日本代表としてFIBA U19ワールドカップに2回出場し、2023年大会では日本の歴代最高順位となる8位に貢献しました。

さらに、川島悠翔選手はNBAグローバルアカデミーに加入後は、NBA Gリーグのイグナイトとの練習試合で活躍し、NBA入りの可能性を日々高めています。

経歴は?

川島悠翔選手は、群馬県出身で、群馬大学教育学部附属中学校に通学。
中学時代から身長が2メートル近くあり、バスケットボールの才能が際立っていました。

中学1年生の時には、全国大会の出場経験はありませんでしたが、中学2年生の時には、都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会(通称ジュニアオールスター)に群馬県選抜として出場。

中学3年生の時には、NLG INFINITYというチームに所属し、ジュニアウインターカップに出場。
この大会では、決勝戦で八村塁の弟・八村大地が所属するチームに敗れましたが、川島は大会ベストファイブに選出されました!

福岡大学附属大濠高校での活躍は?

川島悠翔選手は、中学卒業後、福岡大学附属大濠高校に進学。
バスケットボールの強豪校として知られており、川島選手は1年生から主力として活躍。

高校1年生の時には、インターハイでベスト4に進出し、ウインターカップでは優勝を果たしました!ウインターカップでは、決勝戦で渡邊雄太の弟・渡邊翔太が所属するチームを破り、川島選手は大会ベストファイブに選!

高校2年生の時には、ウインターカップで連覇を狙いましたが、準々決勝で敗退。
高校3年生の時には、ウインターカップで準優勝を果たしましたが、この大会を最後に高校を中退しました。

 NBAグローバルアカデミーへの移籍!

川島悠翔選手は、高校を中退した理由として、NBAグローバルアカデミーに加入することを発表。

NBAグローバルアカデミーは、NBAの育成組織として、世界中から選ばれた有望なバスケットボール選手を集めてトレーニングや教育を行っている組織。

川島選手は、この組織のトライアウトに合格したことを受けて、高校2年時の教育課程を終えたタイミングで同校を中退する決断。

川島選手は、NBAグローバルアカデミーに加入することについて、「自分の夢であるNBAに近づくために、このチャンスを逃したくなかった」と語っています。

川島は、NBAグローバルアカデミーでの目標として、「自分の弱点を克服し、NBAの選手として必要なスキルを身につけること」と述べています。

川島悠翔の代表歴は?

川島悠翔選手は、U16からU19までの各年代の日本代表に選出され、アジア選手権やワールドカップで活躍。

2022年には、U16日本代表としてFIBA U16アジア選手権に出場し、平均26.6得点・11.2リバウンドを記録してチームの準優勝に貢献。また川島選手は、大会得点王とMVPを獲得。

同年は、U17日本代表としてFIBA U17ワールドカップに出場し、大会得点ランキングで2位になる活躍。U18日本代表としてFIBA U18アジア選手権に出場し、準優勝。

川島選手は、オールスターファイブに選出され注目されました。

2023年には、U19日本代表としてFIBA U19ワールドカップに2回目の出場を果たし、日本の歴代最高順位となる8位に貢献!

日本代表としてのデビューの可能性や期待度

川島悠翔選手は、日本代表としてのデビューの可能性が高いとずっと言われてきました。
川島選手は、2023年2月に日本代表のディベロップメントキャンプに参加。

また、同年6月には、FIBAワールドカップ2023アジア予選のWindow6前の強化合宿にも参加。
日本代表のヘッドコーチであるジュリオ・ローマレは、川島について「彼は非常に才能のある選手で、将来的には日本代表の一員になる可能性が高い」と評価しています。

川島選手もコメントで、日本代表としての目標として、「オリンピックやワールドカップに出場して、日本のバスケットボールを世界に広めること」と述べています。

世界のトップ選手との対戦は!

川島悠翔選手は、世界のトップ選手との対戦や交流の機会を得ています。

2022年には、第12回バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ・アジアに参加しました。

このイベントは、NBAとFIBAが共催するユース世代のバスケットボールキャンプで、アジア地域から選ばれた有望な選手が集まり、NBAの選手やコーチから指導を受けます。

川島選手は、このキャンプでNBAのスター選手であるステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)やジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)と一緒にプレーしたり、写真を撮ったりする機会を得ました。

また、NBAグローバルアカデミーに加入後は、NBA Gリーグのイグナイトとの練習試合で活躍しました。イグナイトは、NBA入りを目指す若手選手が集まるチームで、川島選手はこのチームのメンバーと対戦することで、NBAのレベルに近いプレーを経験することができました。

川島悠翔の課題は?

川島悠翔選手は自分の弱点を克服し、NBAの選手として、必要なスキルを身につけるためにアカデミーにいます。

川島選手の課題としては、体力や筋力、守備力、シュートの安定性などが挙げられます。

川島選手は、これらの課題に取り組むために、毎日のトレーニングや食事、睡眠などにまで気を配って日々過ごしています。

NBA入りのチャンスやタイミングは?
川島悠翔選手のNBA入りのチャンスやタイミングは、NBAのルールによって決まります。

NBAには、ドラフトという制度があり、毎年6月に開催。
川島悠翔選手は、2005年5月27日生まれなので、2024年のドラフトから参加できることになります。

川島選手は、NBA入りのチャンスについて、「ドラフトに指名されることが夢なので、そのために頑張っています」と語っています。

川島は、NBA入りのタイミングについて、「自分の準備ができたときに挑戦したいです。コーチや家族と相談して決めたいです」と述べています。

川島悠翔の年俸は?凄さと受賞歴、プロフィールまとめ

日本代表に新たに召集された川島悠翔選手は、日本バスケ界への貢献や影響についても意識しています。川島選手は「オリンピックやワールドカップに出場して、日本のバスケットボールを世界に広めること」と気合い十分。

すでにU16からU19までの各年代の日本代表に選出され、アジア選手権やワールドカップで活躍してきた川島選手は、2024年パリ五輪での活躍も楽しみです!

また、川島選手は、日本バスケ界への影響について、「自分がNBAに行けば、日本のバスケのレベルが上がると思うし、若い選手たちにも刺激になると思う」と語っており八村塁選手や渡邊雄太選手に続いて欲しいですよね。

みんなでバスケ日本代表を応援しましょう!

コメント