PR

馬場雄大のバッシュ、現在は?過去のバッシュを紹介!

スポーツ

日本代表で活躍中の男子バスケ日本代表の馬場雄大選手。バッシュ好きで有名ですが、気になる馬場雄大のバッシュ、現在は?過去のバッシュを紹介!について紹介していきます。

馬場雄大のバッシュ、現在は?

2024年最新版 馬場雄大選手は、2024年のワールドカップでナイキの最新モデル「Nike Zoom Freak 4」を着用。

このシューズは、NBAのスター選手であるヤニス・アデトクンボのシグネチャーモデルの第4弾。

馬場選手は、このシューズを気に入っているようで、様々なカラーやデザインのものを履いています。

馬場雄大のバッシュのブランドとモデル!

馬場選手が履いているバッシュのブランドはナイキで、モデルは「Nike Zoom Freak 4」です。

このシューズは、2021年7月に発売されたばかりの新作で馬場選手は、このシューズの「White/Black/Volt」や「Black/White/Metallic Gold」などのカラーウェイを着用。

馬場選手が履いているバッシュの特徴と性能は以下の通りです。

  • アッパーには、軽量で通気性の高いメッシュ素材を採用。
  • ミッドソールには、クッショニングと反発性を兼ね備えた「Zoom Air」ユニットを搭載。
  • アウトソールには、グリップ力と耐久性を高めるために、ヤニスの故郷であるギリシャの地図をモチーフにしたパターンを施しています。
  • ヒールには、ヤニスの愛称である「Freak」の文字が刻まれています。

馬場雄大のバッシュの価格と購入方法!

馬場選手が履いているバッシュの価格は、公式サイトでは16,500円(税込)。

ただし、人気の高い商品なので、在庫がない場合や価格が変動する場合があり、購入方法は、以下の通りです。

  • ナイキの公式サイトやアプリからオンラインで注文する。
  • ナイキの直営店や正規取扱店から店頭で購入する。
  • オンラインショッピングサイトやオークションサイトから中古品や海外モデルを購入する。

まずはNIKEの公式で在庫をチェック!

馬場雄大の過去のバッシュは?

馬場雄大選手は、これまでに様々なブランドやモデルのバッシュを履いてきました。馬場選手の歴代着用モデルを見ていきましょう。

馬場雄大選手のバッシュのブランドとモデル!

  • 小学校から高校までは、アシックスの「Gel Triax 3」やミズノの「ウェーブホープ NEO」などを愛用。
  • 大学時代からプロになってからは、主にナイキのシューズを着用。ナイキのシューズでは、以下のモデルを履いていました。
    • Nike KD 9
    • Nike KD 10
    • Nike PG 2
    • Jordan Why Not Zer0.2
    • Nike PG 5
    • Nike PG 6
    • Nike Zoom Freak 4

馬場雄大が履いていたバッシュの特徴と性能 馬場選手が履いていたバッシュの特徴と性能はこちら!。

  • アシックスの「Gel Triax 3」は、軽量でクッション性の高いシューズで、馬場選手は小学校から高校まで長く愛用。
  • ミズノの「ウェーブホープ NEO」は、安定性と反発性を兼ね備えたシューズで、馬場選手は高校時代に履いていました。
  • ナイキの「KDシリーズ」は、ケビン・デュラントのシグネチャーモデルで、馬場選手は「KD 9」と「KD 10」を着用。
  • これらのシューズは、フィット感とクッショニングが優れており、アウトサイドからのシュートに適していました。
  • ナイキの「PGシリーズ」は、ポール・ジョージのシグネチャーモデルで、馬場選手は「PG 2」から「PG 6」まで履いていました。これらのシューズは、グリップ力とサポート力が高く、ドリブル突破やディフェンスに適していました。
  • ジョーダンの「Why Not Zer0.2」は、ラッセル・ウェストブルックのシグネチャーモデルで、馬場選手は2019年に一時期履いていました。このシューズは、デザインが斬新で、高い反発性と耐久性を持っていました。
  • ナイキの「Zoom Freak 4」は、ヤニス・アデトクンボのシグネチャーモデルで、馬場選手は2024年のワールドカップで履いていました。このシューズは、軽量で通気性の高いメッシュ素材と、クッショニングと反発性を兼ね備えた「Zoom Air」ユニットを採用しており、スピードと高い身体能力を活かしたプレーに適していました。

馬場雄大選手が履いていたバッシュの着用時期とシーン 馬場選手が履いていたバッシュの着用時期とシーンは以下の通りです。

  • アシックスの「Gel Triax 3」は、小学校から高校までの約10年間にわたって履いていました。学校の部活や大会などで使用していました。
  • ミズノの「ウェーブホープ NEO」は、高校時代に履いていました。ウィンターカップやU-18日本代表などで使用。
  • ナイキの「KD 9」は、2017年頃に履いていました。アルバルク東京や日本代表などで着用。
  • ナイキの「KD 10」は、2017年から2018年頃に履いていました。アルバルク東京や日本代表などで着用。
  • ナイキの「PG 2」は、2018年から2021年までの約3年間にわたって履いていました。テキサス・レジェンズやメルボルン・ユナイテッドなどで使用。
  • ジョーダンの「Why Not Zer0.2」は、2019年に一時期履いていました。テキサス・レジェンズや日本代表などで使用していました。
  • ナイキの「PG 5」は、2021年に履いていました。テキサス・レジェンズや東京オリンピックなどで使用。
  • ナイキの「PG 6」は、2021年から2022年にかけて履いていました。テキサス・レジェンズやメルボルン・ユナイテッドなどで使用。
  • ナイキの「Zoom Freak 4」は、2024年に履いていました。ワールドカップや長崎ヴェルカなどで着用。

馬場雄大のプロフィール

日本代表のエース、馬場雄大(ばば ゆうだい)は、1995年11月7日生まれのプロバスケットボール選手。

富山県出身で、現在はB1の長崎ヴェルカに所属。ポジションはシューティングガード(SG)とスモールフォワード(SF)で、身長は196cm、体重は91kg。妻は女優の森カンナさんです。

馬場雄大の経歴と実績は?

馬場雄大選手は、小学2年生からバスケットボールを始め、富山第一高校では2年生でU-18日本代表に選ばれ、筑波大学ではインカレ2連覇などの実績を残し、2017年にBリーグのアルバルク東京と契約。

アルバルク東京では新人王やMVPなどの個人賞を獲得し、チームのリーグ2連覇に貢献し一躍トップ選手へ

2019年からは海外挑戦を始め、NBAの下部リーグのテキサス・レジェンズやオーストラリアのメルボルン・ユナイテッドでプレー。

メルボルンではリーグ優勝やディフェンシブプレーヤーオブ・ザ・イヤーなどの栄誉を得て、2021年には楽天とマネジメント契約を結び、2023年には長崎ヴェルカに移籍。

日本代表としても、ワールドカップや東京オリンピックなどの国際大会に出場し、高いパフォーマンスを発揮しました!

馬場雄大のプレースタイル

馬場雄大選手の特徴は、スピードと高い身体能力を活かしたダイナミックなプレースタイル。

アウトサイドからのシュートも得意で、3ポイントシュートの成功率は40%以上を記録。

ディフェンスでも積極的にプレーし、リバウンドやスティールもこなします。

馬場選手の得意なプレーは、ドリブル突破、3ポイントシュート、ディフェンスなどです。

馬場選手の課題と言えば、ボールハンドリングや体格の向上と言われています。

馬場雄大選手の目標と夢は、NBAでオールスター戦に出場すること。

馬場選手は、八村塁選手や渡邊雄太選手とともに、3人でオールスターの舞台でプレーすることが夢だと語っています。

馬場選手は、自分の夢が過去に誰にも叶えられなかった夢であっても、自分を信じて行動することが重要だと言っています。

バッシュ選びのコツとポイント!

馬場雄大選手は、バッシュ選びにもこだわりを持っています。

馬場選手がバッシュを選ぶ際に重視する要素や参考にすることなどを紹介します。

馬場選手がバッシュを選ぶ際に重視する要素は、以下の3つ!

  • フィット感:バッシュが足にぴったりと合っているかどうか。足が浮いたり、締め付けられたりしないかどうか。
  • クッショニング:バッシュが衝撃を吸収してくれるかどうか。着地やジャンプの際に足に負担がかからないかどうか。
  • グリップ力:バッシュがコートにしっかりと接地しているかどうか。滑ったり、転んだりしないかどうか。

馬場選手は、これらの要素をバランスよく備えたバッシュを選んでいます。

馬場選手は、裸足のような、自分の体の一部になっている感覚をバッシュに求めているそうです。

馬場選手がバッシュを選ぶ際に参考にする情報源は、以下の2つ。

  • 自分の経験:馬場選手は、自分がこれまでに履いてきたバッシュの感想や評価をメモしており、それを参考にしています。彼は、自分の足に合ったバッシュを見極める能力を身につけています。
  • ネットの情報:馬場選手は、インターネットでバッシュのレビューや評判を調べています。彼は、特に海外のサイトやブログなどをチェックしています。彼は、最新のバッシュの情報やトレンドを把握しているとのこと。

馬場選手は、これらの情報源を照らし合わせて、自分に最適なバッシュを選んでいるとのこと。

馬場選手がバッシュを選ぶ際に注意することは、以下の3つ!

  • バッシュのサイズ:バッシュのサイズは、ブランドやモデルによって異なることがあります。馬場選手は、必ず試し履きをして、自分の足に合ったサイズを選ぶ。
  • バッシュのデザイン:バッシュのデザインは、自分の好みやイメージに合わせて選ぶことができます。馬場選手は、バッシュの色や形などにもこだわっています。
  • バッシュのメンテナンス:バッシュは、使用するたびに汚れたり、傷んだりするので馬場選手は、バッシュのメンテナンスを怠らないようにしているとのこと。

馬場雄大のバッシュコレクション!

河村勇輝 バッシュ ナイキ

馬場雄大選手は、バッシュに対しても情熱を持っており馬場選手が所有しているバッシュの数や種類、愛用しているバッシュのデザインやカスタマイズ、思い出やエピソードなどを紹介します。

馬場選手が所有しているバッシュの数は、なんと 100足以上 だそうです。

馬場選手は、自分のプレーに合ったバッシュを選ぶために、様々なブランドやモデルを試してきました。

馬場選手は、ナイキのシューズを主に愛用しており、特にポール・ジョージのシグネチャーモデルであるPGシリーズを長く履いています。

馬場選手は、PGシリーズのフィット感やグリップ力、デザインなどに魅力を感じているそうです

馬場選手は、バッシュのカスタマイズも行っています!

馬場選手は、ナイキのオンラインサービスであるNIKE BY YOU(旧NIKE iD)を利用して、自分だけのオリジナルのバッシュを作成しているとのこと

馬場選手は、PGシリーズのカラーやパターンなどを自由に組み合わせて、自分のセンスを発揮しています

馬場雄大選手が愛用しているバッシュの思い出とエピソード 馬場選手は、バッシュにも思い出やエピソードがあるそうです。

馬場選手は、自分が履いてきたバッシュの感想や評価をメモしており、それを参考にしており、馬場選手は、自分の足に合ったバッシュを見極める能力を身につけています。

馬場選手が特に思い入れの強いバッシュは、PG 2だそう。

馬場選手は、2018年のアジア大会でオーストラリアと対戦した際に、PG 2を履いていて、その試合で自己最高の16得点を記録し、日本の歴史的な勝利に貢献。

馬場選手は、その試合で履いたPG 2を「本当にスペシャル」と言っています。やはり、思い出になるバッシュはあるのですね。

馬場雄大のバッシュ、現在は?過去のバッシュを紹介まとめ

日本代表としても活躍中の馬場雄大選手は、2024年のワールドカップでナイキの最新モデル「Nike Zoom Freak 4」を着用。

バッシュコレクションも有名で100足以上も所有してるとのこと。

バッシュ好きの馬場選手は歴代多数の種類のバッシュを試して履いていますが、NIKEの「Nike Zoom Freak 4」が現在のバッシュです。

パリ五輪でも馬場雄大選手の活躍が楽しみです。これからも応援しましょう。

コメント