PR

八坂神社の初詣2024屋台時間、混雑、アクセスの口コミを紹介!

八坂神社 初詣 屋台 季節イベント

2024年の初詣に人気の八坂神社!混雑していると分かっていても、行きたい!八坂神社の初詣2024年で気になるのは屋台情報や混雑、アクセスの仕方ですよね?
そこで今回は八坂神社の初詣2024屋台時間、混雑、アクセスの口コミを紹介!について紹介していきます。

八坂神社の屋台の種類とメニュー情報!口コミも!

2024年八坂神社の新年初詣の参拝時には、例年同様境内及び参道沿いに多様な食べ物の屋台が設けられる予定です。八坂神社初詣の屋台には、伝統的な祭りの料理から、京都特有の美食まで幅広く出店されています!さっそく、八坂神社の屋台で味わうことができる料理を紹介していきます。

 

  • クロワッサン風鯛焼き:サクサクとしたクロワッサン生地で作られ、中にはあんこやクリームが詰まった新感覚の鯛焼きです。
  • みたらし団子:外はもちもち、中には甘辛いタレが絡む、京都らしい伝統の味です。
  • 特製焼き芋:ふっくらと焼かれた芋に、バターやチーズをトッピングして、味わい深く仕上げた逸品です。
  • チーズ入りホットドッグ:ジューシーなチーズ入りソーセージをパンで挟んだ、食べ応えのあるホットドッグです。
  • 具材たっぷり豚汁:寒い夜にぴったりの、体を芯から温める豚汁です。
  • カリカリからあげ:外はカリッと、中はジューシーな鶏のからあげで、揚げたての美味しさを味わえます。
  • 味噌ダレ豆腐ステーキ:ヘルシーな豆腐に味噌ダレやチーズをトッピングして焼き上げた、美味しいステーキです。
  • 牛スジの煮込み:じっくりと煮込まれた牛スジは、深い味わいのある煮込み料理です。
  • お好み焼き巻き:食べ歩きに便利な、お好み焼きを箸で巻いたユニークな屋台グルメです。

これらは八坂神社の屋台で楽しめる料理のほんの一部です。

その他にも、定番のたこ焼きやお好み焼き、焼きそばやフランクフルト、など多数ありますよ。
八坂神社の屋台では、新年から初詣の思い出と美味しい屋台でお腹いっぱいで幸せな気分になれます!

八坂神社の初詣の屋台の営業時間と混雑状況は?

八坂神社の初詣2024年の屋台営業時間は、だいたい毎年大晦日から元日には朝10時から深夜3時、1月2日から3日には朝10時から夜22時まで。

1月4日以降、屋台の数は少なくなる傾向があるので注意です。八坂神社の初詣で屋台を楽しみたい方は、1月3日までに訪れることをおすすめします!

屋台は八坂神社の鳥居から参道に沿ってずらっと出店されていますよ。
八坂神社初詣の屋台の込み具合は参拝客の数と密接に関連しています。

以下の時間帯には、八坂神社の初詣の屋台の前に長い行列ができ、注文に時間がかかることがあります。比較的空いている時間帯は以下のとおりです。

  • 元日:朝4時から8時まで。
  • 1月2日・3日:早朝から8時まで、または夜20時以降がベスト!
  • 1月4日・5日:早朝から10時まで、または夕方以降
  • 1月6日から10日:早朝から8時まで、または夕方以降
  • 1月11日以降:通常は比較的空いているが屋台の数も減少に注意!

屋台やお守りの授与は八坂神社の営業時間内に出向くことがおすすめです。

まとめとして、八坂神社の初詣の屋台の営業は、大晦日から元日にかけては朝10時から深夜3時、1月2日から3日は朝10時から夜22時まで、1月4日以降は減少します。

初詣の屋台!おすすめグルメと口コミを紹介!

八坂神社の初詣 屋台で、おすすめのグルメと口コミを紹介します。以下は、八坂神社の屋台で食べた人の感想や評価、口コミです。

  • みたらし団子:「もちもちの団子に甘辛いタレが絡んでいて、食べやすかったです。京都の名物だけあって、本格的な味でした。」
  • 焼き芋:「ほくほくの焼き芋にバターやチーズをトッピングしてもらいました。甘くて濃厚で、満足感がありました。」
  • 牛スジ煮込み:「牛すじをじっくり煮込んだ、コクのある煮込み料理です。牛すじがとろけるように柔らかくて、煮汁がご飯によく合いました。」
  • はしまき:「お好み焼きを箸に巻き付けたような、食べ歩きに便利な屋台グルメです。生地がもちもちしていて、具材がたっぷり入っていました。」

これらのグルメは、八坂神社の初詣の屋台でおすすめのものの一部に過ぎません。

他にも、色んな屋台の味を楽しむことができますよ。

混雑状況と対策!混雑予想とピーク時間は?

京都にある八坂神社は、年間で約100万人の初詣の参拝客を迎える、京都市内で非常に人気のある神社です。毎年、八坂神社は特に大晦日から正月三が日にかけては、大勢の人々で賑わい、初詣の参拝にはかなりの時間を要します。最も八坂神社の初詣が混雑する時間帯は次のとおりです。

  • 大晦日:夜22時から翌元旦の朝3時まで。
  • 八坂神社の初詣 元日:朝10時から夜20時まで。
  • 1月2日・3日:朝10時から夜22時まで。

この期間中、参道や八坂神社の入口付近は非常に混雑し、時には歩行者天国のような状態になります。中には、新年の最初の日の出を神社で迎えるために、夜明け前から訪れる八坂神社 初詣の参拝者もいます。これは「をけら詣り」と呼ばれ、新年の幸運を祈る習慣として知られています。

初詣の穴場時間帯と交通規制は?

八坂神社 初詣の際に混雑を避けるためには、以下の時間帯が比較的空いていると予想されます。

  • 八坂神社の初詣 元日:朝4時から8時まで。
  • 1月2日・3日:早朝から8時まで、もしくは夜20時以降。
  • 1月4日・5日:早朝から10時まで、または夕方から。
  • 1月6日から10日:早朝から8時まで、または夕方から。
  • 1月11日以降:通常よりも空いている時間が多い。

ただし、八坂神社の初詣の屋台や御守の受け取りには営業時間が設けられているため、これには注意が必要です。

初詣の屋台は大晦日から元日にかけては朝10時から夜3時まで、1月2日から3日は朝10時から夜22時まで、1月4日以降は段階的に少なくなります。

八坂神社周辺では、混雑が毎年予想されることから、初詣期間中に交通規制が設けられることがあります。メインの道路が閉鎖されたり歩行者専用になったりするため、八坂神社への初詣は車での訪問は避けた方が無難です。

八坂神社初詣!参拝のコツとマナーとは?

八坂神社の初詣の礼儀正しい参拝方法と心得を参考までまとめてみました!

八坂神社の初詣 参拝ルートは、まず本殿に向かい、その後西宮、東宮、北宮、南宮の順に進みます。八坂神社の本殿では参拝料が必要ですが、他の宮は無料で参拝できます。

八坂神社の初詣で参拝する際は、まず鳥居の前で一礼し、次に手水舎で手を洗い口をすすぎます。本殿での参拝は、二礼二拍手一礼の形式に従います。

八坂神社の初詣では、お賽銭は、自分の年齢に因んだ金額を納めると吉とされています。 八坂神社の初詣の参拝中は、周囲に気を配り静かに祈りましょう。大きな声で話したり、携帯電話の使用、写真撮影は控えめに。

また、神社の建造物や境内の自然に触れることは避けましょう。 八坂神社の初詣の参拝後、御守りや御朱印をいただくことができます。
御守りは、自身の願いに合わせて選び、八坂神社の御朱印は参拝の証として記念に受け取れます。授与所は八坂神社の営業時間内に訪れてください。

八坂神社の初詣の参拝の後は、八坂神社の初詣の楽しみでもある屋台や近隣の観光地を存分に楽しむこともできますよ。

八坂神社の歴史と由来とは?

平安神宮 初詣 2024 屋台

改めて、京都の東山区に位置する八坂神社は、厄払いや良縁を願う信仰の対象とされており、祭神は日本神話で知られる荒ぶる神、素戔嗚尊(スサノオノミコト)。

八坂神社の起源は古く、正確な創建時期は不明ですが、以下の二つの説が伝わっています。

一つ目の説は、7世紀の斉明天皇の治世に、高麗から来た渡来人が新羅の牛頭山に祀られていた素戔嗚尊を八坂郷に遷したというものです。 二つ目の説は、奈良時代末期(876年)に、奈良の僧侶がお堂を建立し、素戔嗚尊を祀ったというものです。

明治元年の神仏分離令に伴い、感神院や祇園社として知られていたこの神社は八坂神社と改名され、平安京建設以来、京都の東の守り神として八坂神社は重要な役割を果たしてきました。

八坂神社は、祇園祭や節分祭などの伝統的な行事や、和歌や舞など芸能に関する催しも行う、文化的な重要性を持つ神社の1つに間違いありません。

初詣へのアクセス方法!詳細な行き方

八坂神社の初詣へのアクセスには複数の手段があり、京都市内からの移動は便利です。

  • バス:京都駅から市バス100番または206番に乗車し、祇園バス停で下車します。
    八坂神社までの所要時間は約25分で、料金は230円です。

ただし、バスは混雑や渋滞の影響を受けやすいので時間管理には要注意です。

  • 電車:京都駅からJR奈良線で東福寺駅まで行き、そこから京阪本線に乗り換えて祇園四条駅で下車、徒歩約10分で八坂神社に到着します。
    八坂神社までの所要時間は約20分、料金は270円です。

電車は時間が正確ですが、乗り換えが必要です。

  • タクシー:京都駅からタクシー八坂神社までタクシーを利用すると、約15分で八坂神社に到着します。料金は約1500円です。天候が悪い時や荷物が多い場合に便利ですが、バスと同様に時間が読めないのと、費用が一番かかります。

八坂神社の初詣の際、バスや車での参拝は混雑することが多いので、八坂神社へは電車でのアクセスがおすすめです。
八坂神社には、40台停めることができる駐車場がありますが、利用料金は1時間600円と高めです。

また、空きがない場合もありますので、車でのアクセスはおすすめしません!

八坂神社は京都の文化的ランドマークで、祇園祭や節分祭などの行事で知られています。縁結びや厄払いの神としても有名で、多くの参拝者が訪れます。

また、八坂神社周辺には高台寺や花見小路通などの観光地や、美味しい飲食店が多数あります。
八坂神社訪問時は、これらのスポットも楽しむことができますよ。

八坂神社:〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側625

初詣の良い口コミと悪い口コミを紹介!

八坂神社の初詣について、良い口コミと悪い口コミをそれぞれ紹介していきますので参考にしてください!

八坂神社に関する良い口コミ!

  • 八坂神社は京都で有名な神社の一つで、特に八坂神社の初詣の時期には素晴らしい雰囲気があります。多彩な屋台が出店しており、様々な美味しい食べ物が楽しめました。
    また、お守りや御朱印の種類も多く、自分の希望に応じて選ぶことができました。神社の建築も美しく、写真撮影が楽しめました!
  • 八坂神社は初詣に最適な場所です。広い境内には多くの神々が祀られており、縁結びや厄払いの神様に参拝することができます。
    また、神水を飲むことやおみくじを引くこともでき、豊富な屋台で新年の雰囲気を満喫できます!

一方、否定的な口コミは以下の通りです。

    • 八坂神社は初詣の際には非常に混雑しており、境内に入るのにも長時間待たされ、参拝にも列に並ばなければなりませんでした。
      八坂神社の発毛で屋台も混み合っており、食べたいものを食べることができませんでした。お守りや御朱印も売り切れていたり、授与所が閉まっていたりしました。
    • 八坂神社の周辺は初詣の際に交通規制が敷かれており、車でのアクセスは大変でした。近くの駐車場も満車で、駐車する場所を見つけるのが困難でした。
      神社自体も人が多すぎてゆっくりと参拝することができませんでした。

以上が、八坂神社の初詣に関する良い口コミと悪い口コミの例です。良い口コミは参考として、悪い口コミも混雑に関するものでした。

八坂神社の初詣は日時に注意して、混雑を避けて、車を使わずに行くことがおすすめです。

八坂神社の初詣のお守り!

八坂神社では初詣の期間に、参拝者の願いに応じた多様なお守りが売っています。
その中の一部を紹介しますね。

  • 安全守護のお守り:一年を通じて安全を祈願するためのお守りで、家庭の安寧や健康を守ることを目的としています。
  • 恋愛成就のお守り:恋愛や結婚に関する願いを叶えるためのお守りで、愛らしいハート形のデザインが特徴です。
  • 学業成就のお守り:受験生や勉強に励む人の成功を願うお守りで、菅原道真公にちなんでいます。
  • 交通安全のお守り:交通事故の防止や安全な運転を祈願するためのお守りで、車内に置くことが一般的です。
  • 商売繁盛のお守り:ビジネスや仕事の成功を願うお守りで、特にえべっさんや玉光稲荷社に関連するものがあります。
  • 美容祈願のお守り:美しさと健康を願うお守りで、美御前社に関連する特別なご利益があります。
  • 願掛けのウサギ:因幡の白兎にインスパイアされたぬいぐるみで、持ち歩くことで願いが叶うとされています。

これらは八坂神社の初詣で入手可能なお守りの一部で、健康や家族の幸福、子宝、財運など、様々な願いに対応するお守りも。

八坂神社のお守りは、一年を通じて幸福をもたらすと信じられており、人気です。
あなたも初詣に今年一年の願いをかけて、お守りはいかがでしょうか。

御朱印が受け取れる営業時間は?

八坂神社で提供されるお守りや御朱印は、神社内の事務所や特別設置された受付所で入手できます。

この事務所は神社に西側の入口からすぐ左に位置しており、朝9時から夕方4時まで開いています。
ここでは、標準的な御朱印やお守りの他に、祈祷の予約や御朱印帳一方、特別設置された受付所は境内の複数の場所にあります。

御朱印の受付所は、大晦日は朝8時から翌日の2時まで、新年の最初の3日間は朝8時から夜10時まで、それ以降は朝8時から夕方6時まで開いています。

ここでは、毎月変わる限定デザインの記念御朱印やお守り、節分や商売繁盛に関連した特別な御朱印も提供されていますので八坂神社のお守りや記念御朱印を受け取るためには、営業時間内に訪れる必要があります。

初詣の見どころと周辺スポットは?

京都の東山地区に位置する八坂神社は、縁結びや厄払いの神様として知られ、特に祇園祭で名高い歴史ある神社です。
新年には多くの人が訪れ、神社の境内では様々な色のおみくじやお守りが売られています。ここでは八坂神社の新年参拝のハイライトと、近くの見所を紹介します。

 八坂神社の名所と写真スポットは?

八坂神社は、国宝や重要文化財に認定された歴史的建築物が豊富にある場所です。
中でも特筆すべきは、法観寺の五重塔で、その高さ46メートルから京都の景色に映えるこの塔は、八坂神社の象徴的な存在です。
八坂通りから見る八坂の塔の姿は、特に美しい眺めとして知られています。

八坂神社の敷地内には、色鮮やかなくくり猿の飾りがある八坂庚申堂もあります。
これらのくくり猿は、自制心を持って願いを叶えるお守りとして知られ、各々が丁寧に手作りされています。

この八坂庚申堂は、写真映えするスポットとしても非常に人気があります。

2つの観光名所を紹介!

八坂神社の近くには、京都の観光名所がたくさんありますがその中でもおすすめなのが、高台寺です。

高台寺は、豊臣秀吉の妻・ねねが創建した寺院で、国の史跡・名勝に指定されており、池泉回遊式の庭園や重要文化財の観月台など、見どころが満載です。
季節ごとに開催される夜間特別拝観では、ライトアップやプロジェクションマッピングが楽しめます。

また、八坂神社から歩いてすぐのところにある花見小路通も見逃せません。
花見小路通は、祇園のメインストリートで、古くからのお茶屋や飲食店が並びます。
夜は舞妓や芸妓の姿を見ることもでき、灯篭の灯りが幻想的な雰囲気を醸し出します。

八坂神社の近くのおすすめ飲食店2店を紹介!

八坂神社周辺には、多くの美味しい食事処が点在しています。
個人的におすすめの一つは、鰻を専門とする「かね正」という店です。

かね正:〒605-0079 京都府京都市東山区常盤町155

「かね正」は1866年に開業したこの歴史ある店で、関西スタイルで蒸さずに焼く鰻料理を楽しむことができます。
特に人気なのは「きんし丼」で、鰻丼の上にたっぷりの錦糸卵が乗っており、鰻の豊かな味わいと甘辛いタレが見事に調和しているので美味しいですよ!

また「桝富」というそば屋もおすすめです。

桝富:〒605-0022 京都府京都市東山区大井手町103

この店では、石臼で挽いた自家製のそば粉を使用し、そばの本格的な香りと風味が特徴です。
人気メニューは「鴨なんばそば」で、鴨肉の旨みが効いたつゆに、弾力のある鴨肉と香り豊かななんばが入ったそばを提供し、軽やかな味わいがやみつきになる味です。

ぜひ、八坂神社に初詣やそれ以外で訪れた際におすすめです。

八坂神社の初詣2024屋台時間、混雑、アクセスの口コミまとめ

八坂神社 初詣 屋台

いかがでしたでしょうか。

今回は、八坂神社の初詣2024屋台時間、混雑、アクセスの口コミを紹介!を紹介してきました。

まとめとして・・・八坂神社の初詣2024年の屋台営業時間は、毎年大晦日から元日には朝10時から深夜3時、1月2日から3日には朝10時から夜22時まで。

1月4日以降、屋台の数は少なくなる傾向があるので注意で、八坂神社の初詣で屋台を楽しみたい方は、1月3日までに訪れることをおすすめ!

八坂神社の初詣で混雑する、注意すべき時間帯は、大晦日:夜22時から翌元旦の朝3時まで。初詣 元日:朝10時から夜20時まで。1月2日・3日:朝10時から夜22時までです。

八坂神社へのアクセスとしては、バスや車での参拝は混雑することが多いので、八坂神社へは電車でのアクセスがおすすめです。

電車の場合:京都駅からJR奈良線で東福寺駅まで行き、そこから京阪本線に乗り換えて祇園四条駅で下車、徒歩約10分で八坂神社に到着できるので、アクセスしやすいです。

八坂神社への口コミは、初詣の時期には素晴らしい雰囲気があり、多彩な屋台が出店しており、様々な美味しい食べ物が楽しめました。また、お守りや御朱印の種類も多く、自分の希望に応じて選ぶことができました。神社の建築も美しく、写真撮影が楽しめました!など好印象の口コミが多いので初詣におすすめできます。

これらの情報があなたのお役に立てればうれしいです。

初詣!関西で屋台も楽しい神社6選!ご利益とアクセス情報!
2024年の初詣!ご利益を求めて神社、神宮に訪れますが、屋台や露店も初詣の楽しみですよね。そこで今回は初詣!関西で屋台も楽しめる神社5選!ご利益とアクセス情報!ということで初詣!関西で屋台も楽しめる神社6選!ご利益とアクセス情報!について紹介していきます。

 

コメント