PR

河村勇輝の年俸(年収)、所属チーム、出身校、プロフィール情報まで!

河村勇輝 所属チーム 年俸 年収 スポーツ

バスケW杯で活躍した河村勇輝選手は一躍日本中で有名になりました!
そこで今回は、河村勇輝選手の年俸(年収)、所属チームから出身校、プロフィール情報!について詳しく紹介していきます。

Bリーグ選手の年俸(給与)の仕組みとは?

河村勇輝選手が所属するBリーグに所属するバスケットボール選手の給与は、それぞれのチームとの契約内容によって異なります。

プロバスケットリーグでは、B1とB2リーグの選手に対して最低給与額と給与上限が設定されています。

ちなみに、B1リーグの選手の最低給与は300万円、B2リーグの選手では240万円とされています。
また、新人選手には460万円という年俸上限が設けられていますが、2年目以降の選手には年俸上限が設定されていません。そしてチーム全体の給与総額(サラリーキャップ)には制限があります。

Bリーグ選手の収入は年俸以外にも、試合出場や勝利によるインセンティブが含まれることがあり、出場給は試合に出場するたびに支払われる報酬で、新人選手の場合は1試合あたり最大5万円が上限とされています。

また、勝利給は試合に勝った際に支払われる報酬で、新人選手では1試合につき最大8万円が上限。
2年目以降の選手の場合、これらのインセンティブの上限はチームによって異なる設定がなされます。

このようにBリーグの年俸や年収は複雑な仕組みで決定されます。

河村勇輝の年俸や年収の推定金額は?

河村勇輝選手は2022年3月に東海大学を中退し、横浜ビー・コルセアーズとプロ契約を結びました。そして現在も横浜ビー・コルセアーズでプレーしており、日本代表にも選出されるなど、若手の有望株として注目されており、気になる年俸や年収はどれぐらいなのでしょうか。

河村勇輝選手選手の2022-2023年シーズンの年俸は公式に公開されていませんが、Bリーグの平均年俸は約1300万円と言われており、人気選手になれば5000万円以上という可能性もあります。

日本代表としてプレーする選手たちは4000万円以上の年俸をもらっているとも言われています。
河村選手は、日本代表のスタメンポイントガードとして、ワールドカップ本戦出場や東京五輪出場に貢献しており、Bリーグでも活躍。

そこで、河村勇輝選手の2022-2023年シーズンの年俸は、5000万円程度ではないかと個人的には予想します。

また、河村勇輝選手の収入としては、年俸だけではなく出場給や勝利給も加算され、スポンサー契約料も重要な収入源となります。

河村勇輝選手は、スポーツドリンクの「アクエリアス」やスポーツウェアの「アンダーアーマー」などのスポンサーと契約しており、CMやイベントにも出演しています。

スポンサー契約料の金額は公開されていませんが、河村勇輝選手の人気や知名度を考えると、かなりの額になるのではないでしょうか。

つまり、スポンサー契約料を含めると、河村選手の2022-2023年シーズンの年収は、1億円に近いのではないかと推測します!

やはり、Bリーグのスター選手は年俸、年収面でも皆の目標となり夢がある金額であることに間違いありませんね。

河村勇輝の年俸や年収、今後の予想!

2023年6月、トップバスケットボール選手の一人である河村勇輝選手が、横浜ビー・コルセアーズとの3年間の新契約を締結したことが明らかになりました。

具体的な契約額は公開されていませんが、年間約1億円と見積もられています。
Bリーグの中でも際立った実力を持つ河村勇輝選手の年俸は、今後さらに上昇すると予想。
また、今後も国際舞台での活躍が続けば、スポンサー契約からの収入も増える可能性が高いです。

河村勇輝選手は、2024年のパリオリンピックへの出場を目標としており、その成果次第で、海外チームからのオファーが来ることも考えられます。

また、河村勇輝選手は将来的にNBAでプレイすることを夢見ており、この目標が実現すれば、年俸は大幅に増加が現実になります。

ちなみに、NBA選手の平均年俸はなんと約9億円とされており、一気にこれらの年俸、年収に到達する可能性もあり河村勇輝選手の将来の年俸、年収はプロバスケットボール界からも注目されています。

河村勇輝の所属チームはここ!

河村勇輝選手が所属するのはBリーグの横浜ビー・コルセアーズ!

横浜ビー・コルセアーズは、日本のプロバスケットボールリーグ、BリーグのB1ディビジョンに属するチーム。

横浜ビー・コルセアーズの名称は、’B’という文字から着想を得ています。この文字は’Blue’(青色)、’Black Ships’(黒船)、’Blues’(ブルース音楽)、’Bay’(湾)、’Big’(大きい)、そして’Basketball’(バスケットボール)といった複数の単語を象徴しているとのこと。

また、コルセアーズという名前は、海賊や私掠船を指し、横浜の海港都市としてのアイデンティティや勇気、自由を表現しており、チームの象徴色は青と白で、これは海と空を表しています。

コルセアーズの本拠地は神奈川県の横浜市で、コルセアーズのチームのロゴは’B’の文字を基にした海賊旗風のデザインになっています。

横浜ビー・コルセアーズは、2011年に設立され、翌年にはbjリーグに参加。2016年にはBリーグへと移行し、翌年にはB1ディビジョンに昇格。そして2019年には、Bリーグでは初となる楽天とのパートナーシップ契約を締結したチームです。

チームメイトや監督は?

河村勇輝選手が所属するチーム、横浜ビー・コルセアーズには、多国籍な才能豊富な選手が集まっています。

監督:トム・ウィスマン(Tom Wisman)
横浜ビー・コルセアーズの指揮を執るのは、オーストラリア生まれの経験豊かなコーチで、日本と豪州の国際試合でも指導を行った経験豊富な監督です。
トム・ウィスマンは2018年よりチームの監督を務めており、速攻と攻撃的なプレースタイルを重視しています。

横浜ビー・コルセアーズ主な選手

#5 河村勇輝(Yuki Kawamura)
日本出身のポイントガードで河村勇輝は2021年にチームに加わり、速さとドリブル、パススキルで知られています。河村勇輝選手は日本の代表チームに選ばれており、2024年のオリンピックを目指している若きエースです。

#1 ジェロード・ユトフ(Jelani Yutu)
アメリカ出身のフォワード。
2021年にチームに加わり、3ポイントシュートやリバウンドを得意としています。チームの得点源としても活躍しています。

#18 森井健太(Kenta Morii)
シューティングガードのポジション。2018年にチームに加入しキャプテンを務めています。3ポイントシュートと守備に長けており、河村勇輝と同じくパリオリンピックを目指しています。

#40 ジョシュ・スコット(Josh Scott)
センターには、アメリカ出身のもう一人の選手、ジョシュ・スコット。ジョシュ・スコットも2021年にチームに加わり、リバウンドやブロックでチームを支えています。
Bリーグのオールスターにも選出された経験がある期待の選手の1人。

このようなチームメイトで河村選手はBリーグでの優勝を目指しています。

Bリーグとは?

まず、河村勇輝選手が所属している「Bリーグ」は、日本の男性バスケットボール選手が参加する主要なプロリーグの愛称です。

Bリーグは「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」という正式な名前を持ち、2016年に設立。組織は日本バスケットボール協会によって運営されています。

このリーグはB1、B2、B3という3つの階層で構成されており、それぞれ18、18、12チームが参加しており、現在は多くのファンやメディアから高い関心を集めています。
Bリーグは、2024年のパリオリンピックでの日本代表チームの優勝を目指しています。

河村勇輝のプロフィールは?

河村勇輝選手は、日本のバスケットボール界で注目される選手で、Bリーグに属する横浜ビー・コルセアーズの一員です。ポイントガードとしてチームの中核を担い、そのプレースタイルと戦略的な思考で知られています。

河村勇輝選手は2023年に開催されたバスケットボール・ワールドカップで、日本の代表チームの一員としても活躍しました。

プロフィールデータ

  • 生年月日:2001年5月2日(22歳)
  • 身長:172cm
  • 体重:72kg
  • 出身地:山口県柳井市
  • 利き手:右
  • 足のサイズ:27.0cm
  • 所属:横浜ビー・コルセアーズ

河村勇輝選手は、幼少期からバスケットボールに親しみ、父の影響でNBAのスター選手たちのプレーを見て育ちました。6歳の時にミニバスを始め、特に田臥勇太やマイケル・ジョーダンのプレースタイルに触発されました。

中学では柳井中学校に通い、全国大会でベスト16に入る実力を身につけ、才能を見いだされて井手口孝監督にスカウトされました。

河村勇輝の高校時代は福岡第一高等学校でプレーし、全国大会で4回の優勝を達成。
特にウィンターカップでの2連覇とベストファイブへの選出は彼のキャリアのハイライトです。高校3年の時には、Bリーグの三遠ネオフェニックスに特別指定選手として参加。

そして、河村勇輝は大学では東海大学に進学し、関東大学リーグ戦とインカレで優勝。
東海大学でも3ポイント王やアシスト王といった個人賞も獲得し活躍。

東海大学大学1年生と2年生の時には、横浜ビー・コルセアーズで特別指定選手としてビーリーグでも活躍し、その後大学を中退して横浜ビー・コルセアーズとプロ契約を結びました。

河村勇輝選手はプロとしては横浜ビー・コルセアーズでプレーし、BリーグMVP、ベストファイブ、新人賞など多くの賞を受賞。

2022年には日本代表に初選出され、FIBAアジアカップに出場。
河村勇輝選手は2023年にはバスケットボール・ワールドカップにも出場し、その活躍を世界にも印象付けました!

プレースタイルや人柄!

河村勇輝選手のプレースタイルは、その素早いクイックネスとシューティング技術の高さに特徴があります。

河村勇輝選手はドリブルとパスを駆使して相手のディフェンスラインを突破し、得点機会を作り出します。また、ポジションはガードでチームの布陣や戦略の指揮も得意で、3ポイントシュートやレイアップシュートも得意としています。

特に得意な攻めのパターンとしては、高速ドリブルからのレイアップシュートや相手を出し抜くクロスオーバードリブルがあります。さらに、対戦相手のパスをカットするスティールも頻繁に成功させるディフェンス力も持ち合わせており、多彩です。

河村勇輝選手の人柄は、明るくで前向きな性格をしており、チームメイトやファンからの支持も厚く、目標に向かって努力する姿勢やチームメイトを思いやる心が好評です。

さらに、河村勇輝選手の両親が教師であることから、学業にも熱心で成績も優秀。
食事に関してのデータとしては、肉類、エビフライ、アボカドが好きで、マシュマロ、トマト、うどんはあまり好きではないとの情報があります。

出身高校と高校時代の実績!

河村勇輝選手の出身高校である福岡第一高校は、1956年に設立された私立の共学校で、特にスポーツ分野での活躍が目立ち、中でもバスケットボール部は全国レベルで知られています。

バスケットボール部は1994年に新たなスタートを切り、その後、全国大会で数多くの優勝を果たしてきました。河村勇輝選手が在学中の2016年と2017年には、インターハイとウィンターカップで優勝し、日本のトップに立ちました。

チームの指導を担うのは元日本代表の田中秀臣氏で、チーム精神の核となるのは「仲間を尊重する心と『TEAM』精神」とのこと。福岡第一高校のバスケットボール部出身者の中には、Bリーグや海外で活躍するプロ選手やコーチが多数おり、河村勇輝選手もこの高校の出身です。

高校時代の活躍!とエピソード

河村勇輝選手は2017年に福岡第一高校に進学し、バスケットボール部で活躍を始めました。河村勇輝選手は高校1年生の時からチームの主力選手としてポイントガードのポジションを担い、チームを支えました。

高校2年生の時には、チームをインターハイとウィンターカップの二冠に導き、ウィンターカップではベストファイブの一員に選出。

さらに、高校3年生の時には、インターハイで準優勝、ウィンターカップで優勝を達成し、ウィンターカップではMVPに加えてベストファイブにも選出!

河村勇輝選手の高校時代の平均成績は、出場時間25.5分、得点16.8点、アシスト6.2本、スティール2.4本という素晴らしい記録を残しています。この頃から超高校級として注目の的でした。

河村勇輝選手の高校時代には、様々なエピソードがありますがその一部を紹介します。

エピソード1
河村勇輝選手がバスケットボールを始めたのは、父親の影響が大きく父親が田臥勇太選手の大ファンで、河村選手にも田臥選手やNBA選手のプレイを収めたビデオを見せたり、バスケットボールで遊びながら育てました。
河村選手は、父親とバスケットボールをするのを楽しみにしており、父親から多くを学んとのこと。

エピソード2
チームの仲間や先輩たちとの関係も、河村勇輝選手にとって大切な部分でした。
特に、同じポジションを務める先輩である山下晃司選手とは、非常に仲が良く、共に練習を重ねたり、食事を共にすることが多かったようで山下選手は、河村選手にとって尊敬する存在であり、同時に切磋琢磨するライバルとしても見ていたとのこと。

エピソード3
河村勇輝選手は、高校生の頃からプロバスケットボール選手になることを目指していました。高校3年の時には、特別指定選手としてBリーグでプレーを開始し、史上最年少で得点を記録する快挙を成し遂げました。
河村勇輝選手は、将来的にNBAでプレイすることを夢見ており、その夢に向かって努力を日々重ねています。

河村勇輝が目指すパリ五輪とは?

2024年夏にオリンピックが開催予定はフランスの首都パリ。
パリ五輪は、7月26日から8月11日にかけて行われる予定で、パリでの五輪の開催はこれが3度目(以前は1900年と1924年)。
パリ五輪の競技は32種目にわたり、総数329のイベントが予定されており、開会式はパリの象徴的なセーヌ川沿いで開催される予定で、今大会ではブレイキンやスポーツクライミングなどの新しい競技も導入されます。

パリ五輪のバスケットボールに関しては、男女それぞれ12チームが参加し、グループステージと決勝トーナメントの形式で競われます。
グループステージでは、4チームが3つのグループに分けられ、各グループの上位2チームと、3位のチームのうち成績上位2チームが決勝トーナメントに進出します。トーナメントは準々決勝からスタートし、トップチームがメダルを目指して戦います。

このバスケットボール競技に参加する12チームは、大陸別予選やワールドカップの成績に基づいて選出されます。

日本は2019年のワールドカップで優秀な成績を収め、アジア枠でパリ五輪への出場権を獲得しました!これにより、日本男子バスケットボールチームは48年ぶりにオリンピックへの出場が決定し、今から開催が楽しみですよね。

日本代表としての活躍とパリ五輪に向けて!

日本のバスケットボール界で注目されている河村勇輝選手は、国際試合やワールドカップ予選で日本代表のポイントガードとして活躍中。

172cmという比較的小柄な体格ながら、迅速なドリブル、正確なパス送り、鋭敏な突破力で相手チームを圧倒し、日本チームの攻撃の中心として活躍しています。ディフェンス面でも、積極的なプレッシャーをかけることでスティールやインターセプトを獲得し、チームの勝利に常に大きく貢献しています。

2022年7月に日本代表デビューを飾った河村勇輝選手は、ワールドカップ予選の台湾戦では8アシストと5スティールを記録するなど、印象的な成績を残しています。
また、同年のアジアカップでは、1試合平均4.4得点と4.4リバウンドを記録し、チームの準々決勝進出に大きく貢献しましたが、オーストラリア戦で敗退しまうことに。

記憶に新しい2023年のワールドカップでは、河村勇輝選手は日本チームのベスト8進出に大きく貢献。河村勇輝選手はトーナメント中、1試合平均6.8得点、3.8アシスト、2.2スティールを記録し、特にフィンランド戦ではチーム最高の16得点を挙げる大活躍!

河村勇輝選手のパフォーマンスは世界中のバスケットボールファンやメディアから高く評価され、NBAのスター選手からも称賛の声が上がっているほど注目されました。

河村勇輝選手の魅力は、類まれなそのスピードとシュート技術にあります。
相手の隙を突いてドライブし、得点やアシストを重ねてチームに貢献。そして、身長の高い相手にも果敢に挑む姿勢や、フェイントやボディコンタクトを駆使するプレイスタイルも特徴的です。
河村勇輝選手は、日本バスケットボール界において、今後の成長が最も期待される若手の逸材です。

パリ五輪への目標や意気込み!

河村勇輝選手は、パリオリンピックを控えて、その目標達成への熱い思いを抱いています。

日本代表チームの一員として、オリンピックでのメダル獲得を強く目指しており、「オリンピック代表に選ばれるためには、日々の練習と試合での成長が非常に重要だ」と述べ、継続的な努力の重要性を強調しています。

また、河村勇輝選手は「代表チームでの練習や試合を通じての慣れが必要だとも考えています。そのため、今後のワールドカップ予選の合宿では、しっかりと準備をして、代表選出を目指したい」という意気込みを表明しています。

河村選手は、このワールドカップ予選の合宿を通じて、自身の技術と経験を高め、パリオリンピックでの目標達成に向けて準備を着々と進めているとのことです。

河村勇輝の年俸(年収)、所属チームは?出身高校、プロフィール情報まとめ

河村勇輝 所属チーム 年俸 年収

バスケW杯の大活躍で一気に日本中にも、世界にもスター選手の印象を残した河村勇輝選手。
今回は、河村勇輝選手の年俸(年収)、所属チーム、出身高校、プロフィール情報!について詳しく紹介してきました。

また、気になる河村勇輝選手の年俸、年収は公表されていないので、あくまでも予想ではあるももの1億円と予想。現実的な数字ではあるので夢がありますよね。日々進化を遂げている河村勇輝選手ならばNBAの平均年俸の9億円も夢ではありません。

河村勇輝選手の種族チームは横浜ビー・コルセアーズ!タレントの揃ったBリーグのチームで優勝を目指しています。

出身高校の福岡第一高校時代から数々のタイトルと獲得してきた日本バスケット界のスター選手である河村勇輝選手のNBAのドラフト、パリ五輪での今後の活躍が楽しみですね。
これからも応援していきましょう!

河村勇輝の名言集、目標、スタッツ(個人成績)を紹介!
切れのあるドリブルで相手チームを翻弄するバスケットコート上のスピードスター。勝負強い3Pシュート、ドライブで得点も重ねる日本代表の河村勇輝選手。 パリ五輪出場を決めた立役者ですが、スター街道の中でも挫折経験があり、それを乗り越えてきた名言が...

コメント