PR

ジョシュ・ハレルソンの年俸・年収は?所属チームと経歴まとめ

スポーツ

ついに男子バスケ日本代表に選出されたジョシュ・ハレルソン!そこで今回はジョシュ・ハレルソンの年俸・年収は?所属チームと経歴まとめについて紹介していきます。

ハレルソンの年俸、年収は?

ジョシュ・ハレルソンは、日本のバスケットボール選手で、佐賀バルーナーズに所属。

ハレルソンはアメリカ合衆国出身で、2023年に日本国籍を取得し、ハレルソンはNBAや海外のチームでプレイした経験があり、高額な収入を得てきました。

B.LEAGUEでは、2018年と2016年にリバウンド王、2016年にブロック王に輝きました。

ハレルソンの現在の年俸は公表されていませんが、B.LEAGUEの外国人選手の年俸ランキングでは、7位にランクインしており、気になるジョシュ・ハレルソンの推定年俸(年収)は6,800万円とされています!

スポンサー契約

ジョシュ・ハレルソンは、日本での活躍により、多くのファンやメディアの注目を集めています。
ハレルソンは、日本代表の候補にも選ばれました。

ハレルソンは、自身のSNSで、スポンサーの商品やサービスを紹介したり、キャンペーンに参加したりし、ハレルソンのスポンサーには、スポーツ用品メーカーのアンダーアーマーや、飲料メーカーのモンスターエナジーなどがあります。
彼は、スポンサーからの収入や支援を受けており、実際の収入は年俸以上に数千万円単位で年収がアップしていると予想できます。

ハレルソンの年収の推移は?

ジョシュ・ハレルソンは、2011年にNBAドラフトで指名されてから、様々なチームでプレイしてきました。

ハレルソンの年収は、チームや契約によって変動していますが、一般的には、NBAや海外のチームでプレイした時期の方が、日本でプレイした時期よりも高かったと考えられます。

ハレルソンは、2013年にプエルトリコのチームでプレイした時には、約807万円の年俸(年収)だったとのこと。

ハレルソンは、2016年に日本に来てから、大阪エヴェッサやサンロッカーズ渋谷などのチームでプレイ。ハレルソンは、2023年に佐賀バルーナーズに加入し、現在は推定年俸6,800万円となっています!

ハレルソンは、日本でのプレーに満足しており、日本のバスケットボール界に貢献することを目指しており、ハレルソンは、2023年に日本国籍を取得し今後も日本代表含めての活躍を続けることで、さらに年収を増やすことができるはずです。

ハレルソンのプロフィールと経歴は?

ハレルソンは、日本のバスケットボール選手で、B.LEAGUEの佐賀バルーナーズに所属。アメリカ合衆国ミズーリ州出身で、2023年に日本国籍を取得し、日本代表へ!

ハレルソンのポジションはパワーフォワード/センターで、身長は208cm、体重は125kg。

ジョシュ・ハレルソンは、2008年から2011年までケンタッキー大学でプレイした後、2011年のNBAドラフトでニューオーリンズ・ホーネッツから指名されました。

その後、ニューヨーク・ニックス、マイアミ・ヒート、デトロイト・ピストンズなどのNBAチームなどの海外チームでプレイ。

2016年に大阪エヴェッサと契約し。日本でのキャリアをスタート。2018年と2021年にはサンロッカーズ渋谷に移籍し、2022年には福島ファイヤーボンズに加入。
2023年にはサポートコーチ兼練習生として佐賀バルーナーズに加わり、同年9月に選手契約を結びました。

ジョシュ・ハレルソンは、バスケットボールへの情熱が高く、チームの勝利のために全力でプレイします。フィジカルを生かしたリバウンドやブロックだけでなく、アウトサイドからの3ポイントシュートも得意とするオールラウンドな選手。
B.LEAGUEでは、2018年と2016年にリバウンド王、2016年にブロック王に輝きました。

また、日本国籍を取得したことで、日本代表の候補にも選ばれジョシュ・ハレルソンは、日本のバスケットボール界に貢献することを目指しています!

大学時代の実績は?

ジョシュ・ハレルソンは、高校卒業後、サウスウエスタンイリノイ大学に進学しましたが、1年後にケンタッキー大学に転校。

ケンタッキー大学では、センターとして3シーズンプレーし、チームの主力として活躍。特に、4年生の時には、全米大学チャンピオンを決めるNCAAトーナメントで、ハレルソンが所属するケンタッキー大学はベスト4(ファイナル4)に進出する成績を残しました。

ハレルソンは、このトーナメントで平均15.3得点、9.3リバウンド、1.8ブロックを記録し、注目を集めフィールドゴール成功率は61.1%という高い数字をマーク。ハレルソンは、大学時代にシュート力とリバウンド力を高め、プロの世界に挑む準備をしました。

ハレルソンは、大学卒業後、2011年のNBAドラフトにエントリーしハレルソンは、第2ラウンド(全体の45番目)でニューオーリンズ・ホーネッツに指名されましたが、すぐにニューヨーク・ニックスにトレードされました。

ニックスでは、37試合に出場し、4試合で先発。ニックスでの最高の試合は、2011年12月17日のデンバー・ナゲッツ戦で、23得点、18リバウンド、4ブロックを記録。

しかし、ハレルソンは怪我にも苦しみ、シーズンの大半を欠場。次のシーズンは、複数のチーム間でのトレードに巻き込まれ、最終的にマイアミ・ヒートと契約。ヒートでは、6試合に出場しましたが、シーズン途中で解雇されてしまいました。

その後、プエルトリコや中国のチームでプレーしました。

受賞歴

ハレルソンは、海外でのプロ生活で多くの成就と受賞歴を残しました。
特に、日本のBリーグでは、大阪エヴェッサ、サンロッカーズ渋谷、福島ファイヤーボンズでプレーし、多くのファンを魅了。

ハレルソンは、Bリーグでのキャリアで、平均14.4得点、11.1リバウンド、1.6ブロックを記録。
また、2016年にはブロック王、2018年にはリバウンド王に輝きました!

ハレルソンは、シュート力とリバウンド力だけでなく、コーストゥーコーストやパスなどの多彩なプレーも見せBリーグでの活躍で、日本国籍を取得し、帰化選手として佐賀バルーナーズでプレーしています 。

ハレルソンは、プロの世界で長く活躍するバスケットボール選手として、尊敬と称賛を受けています。

ハレルソンの所属チームは?

ジョシュ・ハレルソンは、NBAドラフト後、複数のNBAチームでプレイ。彼のNBAキャリアは、ニューヨーク・ニックスでのプレイを皮切りに、マイアミ・ヒートやデトロイト・ピストンズなど、いくつかのチームでの経験を経ています。

NBA以外にも、海外のリーグでプレイした経験があり、そのたびに異なるバスケットボール文化とスタイルに適応してきました。これらの経験は、彼のプレイスタイルの多様性と適応能力を高めることに貢献しました。

2023年に佐賀バルーナーズに加入しハレルソンのチームでのパフォーマンスは、彼のバスケットボールキャリアを通じて一貫して高いレベルを維持しています。

ハレルソンは特に、ディフェンス面での貢献と、攻撃時のリバウンドでの活躍が目立ちます。
また、ハレルソンのプレイはチームメイトをより良いポジションに導くことで、チーム全体のパフォーマンス向上に貢献。ハレルソンが所属している佐賀バルーナーズでは、ハレルソンの経験とスキルが若手選手の成長に影響を与え、チームの成功に不可欠な役割を果たしていると考えられます。

ジョシュ・ハレルソンの年俸・年収は?所属チームと経歴まとめ

ジョシュ・ハレルソンの所属チームとその中での役割は、プロフェッショナルなバスケットボール選手としてのキャリアにおいて重要な要素です。ハレルソンの経験豊富なプレイとリーダーシップは、どのチームにとっても価値のある資産となっています。

気になるジョシュ・ハレルソンの推定年俸(年収)は6,800万円とされています!そのほか、スポンサー収入を加えると8,000万円程度と予想できます。

日本国籍を2023年に取得し、日本代表候補に選出されたジョシュ・ハレルソンの活躍に今後も期待です。パリ五輪での活躍を応援しましょう!

ジョシュ・ハレルソンのバッシュは?現在と過去、経歴や所属チームを徹底調査!
この記事では、ハレルソン選手のバッシュやプロフィールと経歴を紹介し、バッシュに対するこだわりや特徴を説明します。ハレルソン選手のファンはもちろん、バスケットボールやバッシュに興味のある方にもおすすめの記事です。

コメント