PR

平安神宮の初詣2024 屋台時間は?口コミとアクセス、混雑情報を紹介!

平安神宮 初詣 2024 屋台 季節イベント

平安神宮に初詣に行こうと予定した時に気になる屋台は何時までやってる?屋台の口コミや平安神社へのアクセスや混雑する時間などを実際に過去経験から調査してみました。このブログで平安神宮の初詣2024 屋台時間は?口コミとアクセス、混雑情報!が分かります。

平安神宮の初詣の屋台の出店時間と期間は?

平安神宮の初詣2024年の屋台情報として、例年の傾向から大晦日から1月3日までほぼ毎日屋台が出店されますが、1月4日以降は屋台の出店数の減少が予想されます。2024年の場合、1月6日が土曜日であるため、1月7日まで平安神宮初詣の屋台が残る可能性が高いとみています。これらの平安神宮 初詣 屋台の営業時間は、参拝時間に合わせて変動しますが、大体以下の通りです。

  • 平安神宮の大晦日 年末詣の屋台営業時間:夜11時頃から(約半数の平安神宮 屋台)26時ごろまで。
  • 平安神宮の初詣1月1日:朝9時頃から夜7時頃までの屋台営業時間
  • 1月2日・3日:朝9時頃から夕方6時半頃まで平安神宮の屋台予定
  • 1月4日・5日:朝9時頃から夕方5時半頃まで平安神宮 屋台予定
  • 1月6日以降:朝9時頃から夕方5時頃まで平安神宮 屋台予定

平安神宮の初詣の屋台を楽しむ予定の方は、平安神宮の初詣 屋台の営業時間と期間を事前に確認しておきましょう。

平安神宮の初詣2024年!屋台の種類とおすすめの屋台は?

例年、平安神宮の初詣 屋台では約100店が軒を連ね、さまざまな食べ物や飲み物、屋台グルメを楽しむことができます。平安神宮の初詣 屋台にはお好み焼き、たこ焼き、焼き鳥、おでんなどの定番メニューの屋台はもちろん、京都ならではの焼き八つ橋や京ねぎ焼き、玉子せんべいの屋台もあります。

甘いものが好きな方には、チョコバナナ、りんご飴、わたあめ、ベビーカステラなどの屋台がおすすめです。寒い日にはおしるこや抹茶などの温かい飲み物も屋台で楽しめます。

特に人気のある平安神宮の初詣の屋台は、京ねぎ焼きと玉子せんべいです!

京ねぎ焼きは、ふんわりとした生地に京ねぎと豚肉を挟んで焼き、甘辛いソースがよく合います。玉子せんべいは、せんべいの上に目玉焼きをのせたもので、ハート形のものも人気ですよ。

どちらも平安神宮の初詣 屋台グルメとして食べ応えがあり、満足感があり、おすすめです。

平安神宮の初詣!屋台の口コミと評判は?

平安神宮の初詣の時期に出現する屋台について、ネット上で多くのよい評価が見られます。以下は、その中の一部のコメントです。

「平安神宮周辺の屋台は本当に美味しくて、選択肢も多いので毎回楽しんでいます。特に京ねぎ焼きと玉子せんべいは食べる価値ありです。」

「初詣の後、屋台で食事をするのが一つの楽しみです。焼き八つ橋と抹茶は特に美味しかったですし、屋台の方々も親切で、とても良い雰囲気でした。」

「屋台は人で賑わっていましたが、待ってでも食べたいものがありました。おしることおでんは体を温めてくれて、幸せな気分になりました。」

「夜の屋台の雰囲気が好きです。灯りが綺麗で賑やかな雰囲気があり、たこ焼きとフランクフルトを楽しめました。」

このように平安神宮の初詣の屋台で新年から皆満足できる屋台で毎年初詣を楽しんでいます。今年はあなたも平安神宮の初詣の屋台で楽しみましょう。

参拝時間と平安神宮について

2024年の平安神宮での初詣期間中の参拝可能時間は次のようになっています。

  • 2023年12月31日:朝6時から翌1月1日の夜19時まで(夜通し24時間参拝が可能)
  • 平安神宮 初詣:2024年1月2日と3日:朝6時から夕方18時30分まで参拝が可能
  • 平安神宮 初詣期間1月4日と5日:朝6時から夕方17時30分まで参拝が可能
  • 平安神宮 初詣期間1月6日からは:朝6時から夕方17時まで参拝が可能

これらの平安神宮での初詣 参拝時間は、平安神社の開門時間に基づいて設定されています。ただし、閉門時間が設定されているため、その時間前には平安神宮での初詣の参拝を完了しましょう。

2024年平安神宮の初詣の参拝時間による混雑具合と注意点とは?

平安神宮の初詣の最も混雑する時間帯は、大晦日から2024年の初詣の元旦にかけて、そして初詣の3が日の午前10時から午後4時頃になります。

この時期の平安神宮 初詣に訪れる場合、長時間の待ち時間や混雑を覚悟する必要があります。この時間帯には平安神宮 初詣の屋台も多く出店していますが、混雑のために屋台の購入に時間がかかることや、初詣の屋台で食べ物が売り切れることも過去の傾向からして、予想できます。

もし混雑を避けて平安神宮 初詣参拝を希望するなら、3が日の間であれば、平安神宮 初詣は朝6時から8時、または平安神宮 初詣は夕方4時以降の時間帯がおすすめです。

これらの時間帯では平安神宮 初詣は過去の経験からも比較的人出が少なく、ゆったりと平安神宮 初詣の参拝ができます。平安神宮 初詣の屋台も夕方から営業を始めるため、平安神宮 初詣の参拝後にゆっくりと食事を楽しむことも出来ますよ。

一般的に平安神宮 初詣は1月1日から3日の間に多くの人が訪れますが、松の内期間(関東では1月1日から7日、関西では1月1日から15日)内に平安神宮 初詣の参拝するのが一般的です。都合が許せば、平安神宮 初詣は1月4日以降に訪れるのも良い選択肢ですよ。

以上、過去の平安神宮 初詣の経験からおすすめの時間帯情報でした。

参拝時間の口コミと過去の評判は?

平安神宮の初詣に関してネット上には、過去の初詣の経験で多くの好意的な口コミや感想が寄せられています。その中からいくつかの口コミを紹介します。

「平安神宮への初詣は、早朝がお勧めです。6時半頃に到着したら、すぐに参拝することができました。清々しい空気と神社の素敵な雰囲気が印象的でした。」

「初詣を夕方に経験しました。16時半頃だったので、混雑も少なく、スムーズに参拝できました。その時間でも屋台は営業中で、お好み焼きやフランクフルトを楽しみました。」

「元旦の夜に初詣に行きました。19時頃で、まだ多くの人がいましたが、屋台の光り輝く様子や賑やかな雰囲気が素敵でした。おしるこやおでんで体が温まり、とても幸せな気分になりました。」

「1月4日に初詣に訪れました。10時頃でしたので、混雑はそれほどでもなく、落ち着いて参拝できました。屋台は少なくなっていましたが、京ねぎ焼きや玉子せんべいがとても美味しかったです。」

このように実際の口コミも参考にしましょう。

初詣で避けるべき混雑する時期と時間帯はここ!

京都の有名な初詣スポットである平安神宮の初詣は、毎年約50万人が訪れるほどの人気の初詣スポットです。平安神宮の初詣のシーズン中は特に混雑が予想されますが、特に平安神宮初詣の混雑が激しい時期と時間は以下のようになっています。

  • 平安神宮初詣 12月31日から1月1日:夜の23時から翌日の午後3時までの初詣
  • 平安神宮初詣2024年1月2日から3日:午前10時から午後4時までの初詣

これらの時間帯に平安神宮 初詣に行く場合、参拝までに数時間の待ち時間が発生することがあります。また、この時期には平安神宮 初詣の屋台も大変混雑し、長い行列ができることが多いので注意が必要です。

初詣の混雑を避ける方法とコツとは?

平安神宮の初詣の混雑を避けるためのおすすめの方法として、以下の点が挙げられます。

  • 平安神宮 初詣 3が日の間は、朝の6時から8時、もしくは夕方の4時以降に平安神宮 初詣は参拝する
  • 平安神宮 初詣は混雑を避けて1月4日以降に訪れる
  • ライブカメラ等を利用して、平安神社 初詣に向かう前に平安神社 初詣の混雑状況を確認する
  • 公共交通機関を利用して平安神宮 初詣へアクセスする
  • 平安神宮 初詣に車で行く場合は、混雑の覚悟と駐車場を事前に予約しておく

これらの方法を取り入れることで、比較的空いている時間帯に平安神社 初詣の参拝をゆったりとすることが可能になります。

過去の混雑状況の口コミと評判は?

平安神宮の初詣に関してネット上で過去のリアルな口コミや感想は非常に多く、以下はその中の一部です。

「平安神宮での初詣は混雑していますが、その賑わいがまた魅力的です。多種多様な屋台があって、食べ歩きが楽しめます。」

 早朝に初詣に行きました。6時半頃で人出も少なく、スムーズに参拝できました。朝の清々しい空気と神社の雰囲気が心地よかったです。」

「元旦の夜に初詣に訪れました。19時頃でまだ人が多かったですが、屋台の灯りや活気が素敵でした。おしるこやおでんが体を温めてくれて、幸せな気分になりました。」

「1月4日に初詣に行きました。10時頃で、混雑もそれほどではなく、落ち着いて参拝できました。屋台は少なめでしたが、京ねぎ焼きや玉子せんべいがとても美味しかったです。」

これらの満足した口コミを見るとさっそく平安神宮へ初詣に行きたくなりますよね。

平安神宮の初詣の駐車場場所と料金は?

平安神宮には専用駐車場がないため、車で訪れる際には近隣の有料駐車場を利用する必要があります。平安神宮近くの岡崎公園周辺には、次の駐車場があります。

  • 京都市営岡崎公園駐車場:平安神宮から徒歩約5分の距離にあり、料金体系は1時間510円、上限料金は1400円から1800円。
  • みやこめっせ京都市勧業館駐車場:平安神宮から徒歩約10分、料金は30分ごとに200円、上限料金は800円から900円。
  • キョウテク平安神宮パーキング:平安神宮から徒歩約15分、料金は30分200円、上限料金は1500円。
  • 三井のリパーク平安神宮西駐車場:平安神宮から徒歩約15分、料金は30分300円、上限料金は1500円。

これらの駐車場は平安神宮の初詣の期間中は特に混雑することが予想されるため、例年の車の混雑を見ると、出来るかぎり車で平安神宮初詣へのアクセスはさけましょう。

過去の口コミと車アクセスの評判は?

平安神宮へ初詣に車で訪れた人々の口コミや感想をネット上からいくつか抜粋して紹介しますね。

「平安神宮への初詣は車で行きました。京都市営岡崎公園駐車場に事前予約をして駐車しましたが、予約して正解でした。駐車場はあっという間に満車状態になっていました。」

「初詣で平安神宮に行った際、車を使いましたが、駐車場を見つけるのが困難でした。最終的には、みやこめっせ京都市勧業館駐車場に駐車しました。料金は少し高めでしたが、空きがあって良かったです。」

「平安神宮へ初詣に車で向かいましたが、駐車場探しが大変でした。キョウテク平安神宮パーキングに駐車しましたが、料金は1500円でした。」

「平安神宮へ初詣には車を利用しましたが、駐車場を探すのに苦労しました。結局、三井のリパーク平安神宮西駐車場に駐車しました。1500円の料金でしたが、神宮からのアクセスは便利でした。」

これらの口コミが参考になれば嬉しいです。

平安神宮の初詣!電車でのアクセス方法とルート!

平安神宮の初詣へのアクセス方法は以下の通りです。

  • 地下鉄東西線を利用して「東山駅」で降り1番出口から徒歩約10分。
  • 京阪鴨東線を利用して「三条駅」または「神宮丸太町駅」で降り、徒歩約15分。

平安神宮の初詣への車でのアクセスとルートについては、以下のようになります。

  • 名神高速道路の「京都東IC」を利用し、三条道を西へ進み、「神宮道」交差点で北へ右折すると、東ICから約20分で平安神宮近くに到着できます。
  • 平安神宮には専用の駐車場がないため、岡崎公園地下駐車場や京都市勧業館みやこめっせ地下駐車場などの近隣駐車場を利用する必要があります。

また、平安神宮の初詣への交通規制と渋滞情報については以下の通りです。

三が日を含む期間中、平安神宮周辺の道路は混雑が予想されるため、平安神宮の初詣へのアクセスは車よりも電車を利用することが推奨されます。

平安神宮の初詣の交通規制は、12月31日の23時から1月4日の17時まで、神宮道の一部が一方通行に設定されます。

平安神宮の初詣の混雑状況はライブカメラで確認することもできます。

以上が、平安神宮の初詣2024年の交通アクセスに関する情報です。

平安神宮の初詣2024年屋台営業時間は?口コミとアクセス、混雑情報まとめ

いかがでしたでしょうか。

平安神宮の初詣2024の屋台は、大晦日から1月3日までほぼ毎日屋台が出店されますが、1月4日以降は屋台の出店数が減少傾向となるので注意です。平安神宮の初詣で特に人気のある屋台は京ねぎ焼きと玉子せんべいです。

また、平安神宮の初詣の時間はこちら。
2023年12月31日:朝6時から翌1月1日の夜19時まで、平安神宮 初詣は2024年1月2日と3日:朝6時から夕方18時30分まで参拝が可能です。

平安神宮の初詣の最も混雑する時間帯は、大晦日から2024年の初詣の元旦にかけて、そして初詣の3が日の午前10時から午後4時頃に注意!

これらの情報が参考になれば幸いです。

コメント