PR

富永啓生の父親の身長は?母親と妹も?実はバスケ一家!

スポーツ

誰もが記憶に残る、ディープスリー、超ロングレンジからの3ポイントシュート名手、富永啓生選手。バスケ日本代表の若きシューターです。

今回は気になる富永啓生選手の父親、母親の身長やバスケ一家のヒミツに迫ります。

富永啓生の父親の身長は?

富永啓生選手の父親の富永啓之さんは、日本では珍しい211センチメートルの身長を誇る元バスケットボールプレーヤーでした!

富永啓之さんは京都府の出身で、高校時代は洛南高校に通い、その後日本大学に進学。プロキャリアでは三菱電機でプレーしまし、国際舞台でも活躍した富永啓之さんは、1995年のユニバーシアードで日本代表として準優勝を経験。1998年にはバスケットボール世界選手権にも出場したことがあるバスケットボール選手。

富永啓生選手の父親、富永啓之さんは、211cmという身長で、日本人のバスケットボール選手の中でもトップクラスの長身を誇領収書、富永啓之さんは、センターとして、リバウンドやブロックなどのインサイドプレーで威力を発揮していたとのこと。

富永選手の父親は、高校時代に全国大会で活躍し、注目される選手となり、日本大学では、主将としてチームを牽引してたそうです。日本大学卒業後、三菱電機に入社し、三菱電機では、日本リーグでプレーし、チームの主力として活躍。

1998年の世界選手権にも日本代表として富永啓之は、世界の強豪と渡り合うことができる選手として、日本のバスケ界に貢献しまし、富永選手の父親は、2006年に現役を引退。

という驚きのプロフィールでした。

富永啓生プロフィール

誰もが記憶に残る、ディープスリー、超ロングレンジからの3ポイントシュート名手、富永啓生選手。バスケ日本代表の若きシューターです。

今回は気になる富永啓生選手の父親、母親の身長やバスケ一家のヒミツに迫ります。

富永啓生選手は、日本男子バスケットボール日本代表で、ポジションはシューティングガード。20012月生まれ22歳で、富永選手の身長は188cm、体重は81kg

日本代表のシューター

富永選手は2019年に初めて日本のバスケットボール代表チームに名を連ね、同年のFIBAワールドカップにも参加。

その活躍は続き、2020年東京オリンピックにおいては、日本チームの記録的な成功に大きく貢献したことで知られています。

富永選手のバスケットボールでの特徴は、レンジの広い3ポイントシュート、さらにシュートが高確率で正確なパスで、チームの攻撃力に高く貢献しています。

NBA候補生!

富永選手は、愛知県の桜丘高等学校を経て、アメリカのレンジャー・コミュニティカレッジに進学。このカレッジでのプレイは目覚ましく、全米のコミュニティカレッジ選手権で準決勝まで進出し、優秀選手に選出されるほど!

その後、ネブラスカ大学に転入し、2020-21シーズンからNCAAディビジョン1のビッグ10カンファレンスで活躍中。

今シーズンでは、全試合に先発で出場し、平均で13.1点、リバウンド2.8、アシスト2.0を記録。特に富永選手の3ポイントシュートの成功率は40.6%と高く、全米でトップクラスのシューターとしての評価を受けています。

富永選手は、自身の目標として、NBAでプレーすることを掲げています。 

富永啓生の母親の身長は?

富永啓生 海外の反応 NBAドラフト

富永啓生選手の母親である富永ひとみさんは、156cmという平均的な身長を持つ元バスケットボール選手でした!

富永ひとみさんは、三菱電機の女子チームでシューターとして活躍し、夫の啓之さんとはバスケで出会いました。富永ひとみさんは、息子の富永啓生選手の応援で夫婦でアメリカにも行く仲良し夫婦です。

両親の身長差は55cm

富永ひとみさんは156cmの身長で、日本の女性の平均的な身長と同程度ですが、富永啓生選手の父親、啓之さんの身長は211cmの長身!

富永選手の両親の身長差は55cmにも及び、日本における一般的な夫婦の身長差の約3倍です!

夫婦である富永ひとみさんと啓之さんは、身長差があるにも関わらず非常に仲が良く、共に息子の富永啓生選手を応援しています。

元バスケットボール選手でもある富永ひとみさんは、三菱電機の女子バスケットボールチームでシューターとして名を馳せました。ガードポジションでプレーし、正確なシュートと迅速な動きでチームの得点に大きく貢献しました。

アメリカにも行く仲良し両親!

富永啓生選手のサポーターとして両親はアメリカへも共に行き来しています。富永啓生選手はネブラスカ大学でバスケットボールをしており、NBA入りも視野に入れている有望な選手。

富永啓生選手の両親は試合を観るために、度々アメリカを訪れています。

富永ひとみさんと啓之さんは富永啓生選手の才能を高く評価しており、自分たちの経験に基づいたアドバイスをしているそう。バスケットボールを愛する家族として、多くの人々に感銘を与える存在として知られています。

実は家族全員がバスケ選手!

富永啓生の家族は、父親の啓之、母親のひとみに加えて、妹の優衣さんもバスケ選手です。
富永家は、バスケ一家として知られており、家族の絆とサポートが強みです。

妹もバスケ選手!?

富永啓生選手の妹も兄の富永選手と同じ3ポイントシュートやドリブル突破が得意な選手との情報も。

富永選手の妹は、富永選手の4歳年下でバスケットボールをやっているということで、富永選手の妹も今後の活躍が期待されています。

両親と妹の3人とも試合観戦し、応援!

富永啓生選手の両親、妹は、3人とも富永啓生選手の試合を観戦し、応援する仲良し家族です。

富永選手がアメリカのネブラスカ大学でプレーしているときも、両親は何度もアメリカに渡って試合を見に行きました。妹の優衣選手も、自分の試合の合間に富永啓生の試合をオンラインで観戦し、応援メッセージを送っています。

富永啓生選手は、家族の応援が自分の力になっていると話しています。

富永啓生選手の家族は、バスケ一家として知られていますが、その秘訣は、家族の絆とサポートだと言えます。

富永選手は、父親の啓之からバスケの基礎を教わり、母親のひとみからシュートのコツを学び、妹の優衣とはライバルとして切磋琢磨しました。

富永選手の家族は、それぞれのバスケの経験や知識を共有し、助言や励ましを与え合っておりバスケを通して、家族の絆を深めている非常に素敵な家族です。

富永啓生選手の身長は188cm
富永選手の父親の身長
211cmに比べると小柄な方です。

富永啓生選手は、バスケの本場・アメリカで高身長の選手と対峙することが多いですが、天性の才能と努力で身長のハンデを克服しています。

富永啓生の父親の身長、母親は?実はバスケ一家!まとめ

今回は身長188センチの富永啓生の父親の身長、母親は?実はバスケ一家!について紹介してきました。

日本代表3Pシューター富永啓生選手の父親の身長はなんと日本では珍しい211センチメートルの長身!しかも、富永選手と同じ、日本代表クラスの元バスケットボールプレーヤーでした!

さらに、富永選手の母親も身長156センチですが、元バスケットボール選手でした!さらに、さらに富永選手の妹も身長170センチのバスケットボール選手とのこと。

まさに、バスケットボール家族でした。しかし、家族仲も良く、アメリカの富永選手の試合に家族で観戦して応援するなど、素晴らしい家族です。

今年のパリ五輪での富永啓生選手のディープスリーの活躍でバスケ男子日本代表のメダルの獲得を期待しましょう!

コメント