PR

ジャングリア 沖縄のアトラクション、チケット予約、レストランの最新情報!

ジャングリア 沖縄テーマパーク アトラクション テーマパーク

2025年の沖縄に新たなテーマパークが開業します。
その名もJUNGLIA(ジャングリア)!そこで今回は沖縄北部に誕生する大自然を体験できるテーマパーク、ジャングリア 沖縄テーマパークのアトラクション、レストランチケット予約情報!についての最新情報を紹介していきます。

ジャングリア3つのアトラクションの魅力!最新情報!

さっそく、気になるジャングリアのアトラクションについて最新情報から3つのアトラクションを紹介していきます。まず1つ目は、サファリライド!装甲車に乗って恐竜から逃げる超興奮体験が味わえるそう。

メインアトラクション!サファイライド!

ジャングリアの主要アトラクションのひとつ「サファリライド」は、訪れる者に唯一無二の体験ができるアトラクション。サファリライドの参加者は特別装備された探検車に乗り込み、恐竜が生息する野生のサバンナを探索!

サファリライドでの冒険の途中で、突如恐竜の群れが現れ、スリル満点の追走劇が繰り広げられます。探検車には運転席、砲塔、機関銃などが装備されており、参加者はこれらを操作して恐竜からの脱出や反撃を試みます。サファリライドに登場する恐竜はティラノサウルスやトリケラトプスをはじめ、珍しい種類までなんとその数、50種類以上。

恐竜たちのリアルな動きや鳴き声には、まるで実際に恐竜に遭遇したかのような興奮が!恐竜愛好家以外でも絶対に見逃せない、このエキサイティングなアトラクション!サファリライドをぜひ体験してみてくださいね。

エアバルーン

ジャングリアテーマパークの空中アドベンチャー「エアバルーン」は、ジャングリアの空中観光のハイライトの一つです。

この空中アトラクション、エアバルーンでは、様々なデザインの気球に乗って、パークの美しい景観や沖縄の壮大な自然を鳥瞰できます。気球に乗って空から沖縄の大自然を眺める開放感溢れる体験は貴重!

しかも、約20種類のユニークな気球が用意されており、訪問者は自分の好みに合わせて選択可能です。これらの気球は、なんと最大で約100メートルの高さまで上昇し、15分間のフライトで素晴らしい眺望を楽しめます。

空中からの景色は圧巻で、ジャングリアのジャングルやサバンナ、湿地帯といった多様な自然環境や、恐竜や野生動物たちの光景が一目で見渡せるとのこと。

また、沖縄の周辺エリアもまた、青く輝く海、白い砂浜、緑豊かな山々といった息をのむような美景が広がり、開放感あふれるこのエアバルーンは、ロマンティックな雰囲気を求める人にぴったりのアトラクションだそう!これは新し体験ですよね。

ジップライン:ジャングルを疾走する風を感じるスリル満点の体験も!

ジャングリアのスリリングな空中体験「ジップライン」は、パーク内のハイライトの一つ。

このアトラクション、ジップラインは、ワイヤーに固定されたハーネスで、ジャングルの頂上を横切って飛ぶような体験が!

ジップラインのコースは高さ約30メートル、長さ約500メートルに及び、なんと!時速約80キロメートルのスピード感を味わえるとのこと。

「ジップライン」を体験すると、ジャングルの豊かな樹木や様々な植物、さらには鳥や猿などの野生動物がすぐ目の前に!

風を切って飛ぶ感覚は、まさに自由を感じさせてくれるアトラクションそのもの。
高さとスピードがもたらすスリルを求める冒険好きな方にとって、このジップラインは絶対に体験すべきアトラクションの1つです。

まさに鳥の気分が味わえる、新体験が経験できそうなアトラクションですね。

JUNGLIA(ジャングリア)とは?コンセプトや特徴は?

2025年に沖縄県国頭郡にオープン予定の新しいテーマパーク「ジャングリア」は、自然と恐竜の世界を体験できる場所そしてコンセプトは「パワーバカンス!」。

しかも、ジャングリアを手がけるのはあのUSJをV字回復させたことで有名な敏腕マーケティングコンサル会社「刀」。これだけの情報でもジャングリアへの期待が膨らみます。

この斬新なテーマパークジャングリアは、ジャングル、サバンナ、湿地など多様な自然環境を精巧に再現し、恐竜や様々な動物たちとのふれあいが楽しめるとのこと。
ジャングリアでは空中を飛ぶような感覚のアトラクションや絶景を楽しめる展望エリアも特徴の一つです。

沖縄の自然美と文化を存分に感じられる「ジャングリア」は、国内外からの旅行者にとって、新たな魅力ある目的地となることが予想され今、大注目のテーマパークです。

ジャングリアはどこにある?アクセス、行き方!

ジャングリアは、沖縄県の北部にある国頭郡本部町に位置しています。

このエリアは、沖縄本島の北部に位置し、美ら海水族館や古宇利島などの人気観光地で知られており、自然の美しさと静けさが特徴。

ジャングリアは、この地域の自然な魅力を活かし、新しい観光の目玉となることを目指しています。

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村

アクセス方法!

自動車でのアクセス方法

沖縄自動車道の許田インターチェンジから車で約30分の距離にジャングリアは位置しており、国道58号線に沿って進むと到着します。
駐車場は利用料金が必要で、普通車は1,000円、大型車は2,000円です。

バスでアクセス

ジャングリアへ那覇空港から沖縄バスの111番高速バスに乗車し、本部バスターミナルで下車後、ジャングリアへ向かう無料のシャトルバスへ乗り換えます。このルートの所要時間は約2時間です。

飛行機でのアクセス方法は?

ジャングリアへは那覇空港から日本トランスオーシャン航空の小型機を利用し、本部飛行場へ向かいます。飛行場からはジャングリアへの無料シャトルバスが運行しており、所要時間は約30分です。

ジャングリアの開業時期と入場料はいくら?

ジャングリアの開業時期は、2025年の春を予定。 具体的な日程もまだ未定です。また、最新情報が入り次第、追記していきます。

沖縄の新しいテーマパーク ジャングリアの入場料金は現時点で確定していません。
ジャングリアは、アジアの裕福層もターゲットとしているとのこと。例えば、東京ディズニーランドのような大規模なテーマパークでは、一般的に大人の入場料が約1万円となっています。
そのため、ジャングリアの料金設定も東京ディズニーランドのチケット料金レベルか、もしくはそれを上回る可能性が高いと個人的には予想しています。

いずれにしても、今までにない体験ができるテーマパークであることは間違いないので、入場料は気になるところですが、1度は遊びに行きたいテーマパークに違いありません。

見出し3の本文を作成しました。ご確認ください。

レストランやカフェのメニューや雰囲気は?

ジャングリアには、美しいジャングルや海の景色を楽しみながら食事をすることができる多数のレストランやカフェがオープン予定。

その中の一つ、ザ ジャングリラ カフェ アンド レストランは、北谷町のアメリカンビレッジに位置するスタイリッシュなメキシカンレストランです。このザ ジャングリラ カフェ アンド レストランは砂浜とブランコを備え、リゾート感覚を満喫できる内装が特徴。

ザ ジャングリラ カフェ アンド レストランのメニューにはタコスやブリトー、アサイーボウルなどメキシコの伝統料理や健康的な選択肢が豊富に揃う予定。また、フローズンカクテルやスムージーなどのさわやかなドリンクも楽しめそうです。ザ ジャングリラ カフェ アンド レストランは、家族や友達とのカジュアルな食事に最適な場所になりそうです。

お土産ショップやグッズ情報!

ジャングリアには、ジャングルテーマや沖縄文化にちなんだ商品を扱う多くのショップやマーケットが設けられる予定です。
例えば、ジャングリアのオフィシャルウェブサイトでは、独自のオリジナルグッズや限定アイテムが紹介されています。

ジャングリアのオリジナルグッズには、ジャングリアのロゴやキャラクターがあしらわれたTシャツ、キャップ、マグカップ、トートバッグなどのさまざまな雑貨が。

さらに、ジャングリアのアトラクションに関連するグッズや、沖縄の伝統的な工芸品や地域特産品も取り扱われています。
ジャングリアのお土産ショップやオリジナルグッズは、訪れた人々がジャングリアの思い出や沖縄の魅力を手に入れることができる特別な場所になりそうです。

ジャングリアの仕掛け人は森岡毅氏「刀」!

株式会社刀!

「刀株式会社」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの経営改革をリードした森岡毅氏によって2017年に創立されたマーケティング専門の会社。

森岡氏は、日本のトップクラスの戦略家・マーケターとして知られ、丸亀製麺やハウステンボス、西武園ゆうえんちなど多数の企業の蘇生に関与。

刀株式会社は、マーケティングを通じた価値の創出や企業成長の促進、新しい事業の開発に注力しており、ジャングリアのプロジェクトにもその専門知識を適用しているとのことでますます、ジャングリアへの期待が高まります。

運営会社のジャパンエンターテイメントとは?

2018年に設立された「ジャパンエンターテイメント株式会社」は、ジャングリアの計画、開発、運営を主な事業目的としています。

ジャパンエンターテイメントは、刀株式会社を主要株主としており、沖縄を起点に日本の将来を形作ることを使命として掲げてちるとのこと。

特に沖縄北部の経済や産業への貢献に重点を置き、地元の自治体や企業との協力関係を深めてさらに、地域住民が参加する「SCOM沖縄テーマパーク投資ファンド」を設立し、地元コミュニティと共にジャングリアの実現を目指しているそうです!

パートナー企業やコラボの可能性は?

ジャングリアは、沖縄の豊かな自然を背景にしたテーマパークで、様々なパートナーやコラボレーションの機会を秘めています。

ジャングリアでの食事やショッピングの体験では、地元沖縄の特産品や伝統的な料理を扱う地域のビジネスとの連携が予想されます。

エンターテイメント分野では、沖縄の伝統文化や歴史を紹介するプログラムや、地元出身のアーティストや有名人とのコラボレーションも予想されます。

また、ジャングリアは国際展開も視野に入れており、他地域や海外のテーマパークとの相互交流や共同プロジェクトが期待されておりジャングリアは、沖縄の魅力を世界に伝え、日本の観光業界への貢献も今から期待されています。

ジャングリアのチケット予約はいつから?購入方法は?

ジャングリアのチケット予約や購入に関する具体的な情報はまだ公開されていませんが、公式ウェブサイトや公式のソーシャルメディアアカウントで最新の情報が発表されることが予定されています。

また、ジャングリアのチケット予約は、アソビューやチケットぴあなどのチケット販売サイトでの取り扱いも考えられます。

旅行代理店、例えばJTBなどがチケットを含むツアーパッケージを提供する可能性も大いにあります。ジャングリアオープン時にはチケットの需要が高まる可能性があるので、最新情報は事前に確認しておきましょう。まずはジャングリアのXアカウントのフォローからですね。

周辺の宿泊施設や観光スポットは?

ジャングリア(沖縄の新しいテーマパーク)周辺には、多くの宿泊施設と観光スポットがあるので、紹介しておきますね。

宿泊施設、ホテルは?

  1. オクマプライベートビーチ&リゾート:全室がコテージまたはヴィラで、自然の中でラグジュアリーな休日を楽しめます。48平米のガーデンヴィラ、パウダールーム、バスアメニティ、レインシャワーなどが特徴​​。
  2. アダ・ガーデンホテル沖縄:やんばる国立公園内に位置し、沖縄最北端のリゾートホテルです。ベトナムの資材や調度品を用いた客室は、アンティーク調のインテリアで落ち着いた時間が過ごせます!
  3. やんばる学びの森 宿泊棟:自然豊かな森の中にあり、国頭山地のパノラマが広がる宿泊施設。ウッド調の客室やバルコニー、オートキャンプ場やアスレチック広場など遊び場も豊富にあります​​。

ジャングリア周辺の観光スポットは?

  1. ナゴパイナップルパーク:約120種のパイナップルを見ることができ、恐竜エリアやパイン果肉入りカステラ、ワイナリーも楽しめます​​。
  2. OKINAWAフルーツらんど:南国らしい体験ができるテーマパークで、マンゴーやパパイヤの果樹園やカラフルな鳥たちとのふれあいが楽しめます​​。
  3. オリオンハッピーパーク:オリオンビールの工場見学ができ、出来たてビールやオリオンオリジナルグッズを楽しむことができます​​。
  4. ブセナ海中公園・展望塔:海中展望塔やグラス底ボートを通してサンゴや熱帯魚を観察できる海中公園です​​。
  5. ネオパークオキナワ:動植物との共存を体験できる公園で、沖縄軽便鉄道での生き物観察も楽しめます​​。

これらの宿泊施設や観光スポットは、沖縄北部の魅力を満喫することができてジャングリアを訪れる際の滞在や体験をさらに濃厚な思い出にできますよ。

ジャングリアのアトラクション、レストランカフェ、チケット予約最新情報まとめ

ジャングリア 沖縄テーマパーク アトラクション

いかがでしたでしょうか。

今回は2025年沖縄に新しく誕生するテーマパーク、ジャングリアのアトラクション、レストランカフェ、チケット予約最新情報まとめについて紹介してきました。ジャングリアはオープン前なので現段階の最新情報をお伝えしてしまた。

ジャングリアのメインアトラクション!サファイライド、空中散歩のエアバルーン、スリル満点のジップラインだけでも楽しみが膨らみます。新しい体験型テーマパークが待ち遠しいですよね。レストランや限定グッズ、今後のコラボも気になるところ。

そして、ジャングリアの予約もまだ残念ながら開始されていません。チケット料金も未定。ジャングリアのxのアカウントをフォローて最新情報をまちましょう。

ジャングリアはあの森岡毅氏の刀が運営会社とうこともあり、国内外から注目。2025年のオープンまで最新情報が発表されるたびにどんどんテンションがあがりますよね。はやく、パワーバカンス!がしたくなってきました。

最新情報は追記していきます。これらの情報があなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

コメント